生霊(イキスダマ)

下の子が中耳炎になっちゃって薬飲ませたり痛み引くまで冷やしてたりしたらこんな時間です。

そんなこんなで曲紹介。2も後半戦、レコードだったらB面です。六曲目

「生霊(イキスダマ)」

この曲はガールズバンド用に作った曲です。映画「パルプフィクション」や「taxi」で使われていた曲やゲーム「スペースチャンネル5」の曲のようなレトロな雰囲気をパンクっぽくやろうと作りました。

歌詞は怪談の一大ジャンル生霊ものがテーマです。ささやななえこ先生のマンガに、生霊(いきすだま)というのがあって「いきりょう」と読むよりこっちの方が赴きや恐怖感があってイカしているので採用しました。生霊を飛ばすほどの事って定番ですがやっぱり色恋沙汰でしょう。一番しっくりします。内気で告白も出来ない女の子。でも一皮向けば本性は相手の事なんかまったく考えていない欲の塊。それが肉体を離れて欲をブーストさせて来るんですから怖いです。色恋に狂って人外になる女性の話は源氏物語の六条御息所や案珍清姫の清姫など昔から定番で物語として非常に魅力がある題材なんだと思います。この曲もコミカルな雰囲気ですが同時に恐怖感も出したいと思いホラー感の強い歌詞にしてみました。「天井の隅で見下ろしてるわ~」なんてサラリと歌っていますが、夜、寝ていてふと目が覚めたら天井の隅に知らない女の顔が浮かんでいてこっち見ている訳です。凄く怖いでしょw イキグサレの曲では珍しく下ネタ使っているんですがここだって考えてみれば家に帰ってきたら机の上にまったく知らない女の写真が置いてあるんです。凄く気持ち悪いですよ、きっと。どんなにそれがエロかったとしてもオカズに出来る男はいないと思います。

随分昔に読んだ本に書いてあってなるほどと思ったのが「下ネタ絡みの所には幽霊は出ない」と言うもの。性的エネルギーの前には幽霊なんか入る余地が無い。幽霊には下半身ないからね、なんて書いてありました。でも今ではラブホテルや風俗店絡みの怪談も増えています。霊界に何か変化があったんでしょうかw

スポンサーリンク

生霊(イキスダマ)」への4件のフィードバック

  1. >映画「パルプフィクション」や「taxi」で使われていた曲や~
    ここ読んで最初は「んー?」って思ったんですが、終盤に入る間奏に思い至って納得できました。確かに使われてる楽器の音やメロディが似ていますね。

    昔に比べると幽霊も恋愛(性欲)の対象になることが増えて、その影響で幽霊も性的エネルギーを獲得しちゃったのかもしれませんね。
    きっと『心のちんちん』とか生えてきちゃったんですよ。

    • 多分、技術力の無さだと思うんですが「こういう曲作ろう!」と思ってもそうならないんです。でもこれって凄くラッキーなことで自分ではパクッたつもりでもパクりにならないというw素晴らしい!
      考えてみれば牡丹灯篭なんかは毎晩夜這いに来る幽霊ですよね。昔から性に積極的なお化けっていたはずなんですが。ここで推測なんですがおそらくお化けって死んでから数年立っているので性事情は数年遅れているんじゃないかと。今ようやく援交とかセフレ文化を知っているお化けが現れた。数年後にはホモとか百合とか知っているお化けが来ると思いますよ!

  2. 山本さん こんにちは

    もしかしたら私も無意識のうちに生霊飛ばしているかも…と思うと何ともいえない気持ちなりますねf(^^;

    「洒落怖」「笑える霊体験」などで金縛り・幽霊と遭遇した際、物凄くくだらない事やドエロい妄想したら怪奇現象おさまったという噂は聞いたことあります。
    ・・・が、ラブホテルまで出現するとなるとこの説は有効じゃなくなりますね。
    フ○ブリーズ除霊しか方法はないんでしょうかね?(汗

    • やっぱり「びっくりするほどユートピア」しか無いんじゃないでしょうか。でも2CHネタ知っている化けもそろそろ出てきそうな感じはしますがw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です