動画「恋のエレクトロキューション」解説

どうもです!ミスiDエントリーと連動して始めたツイッターのイキグサレ公式アカウント。主に動画に関連したオフショットを作ってアップしているんですが、もうすぐこのブログの動画解説を追い越しそうになっています。やはり私、文章書くより画像製作のほうが得意なようです。別に追い抜かれちゃいけないってルールは無いのですが気分的にブログを蔑ろにしているようでイヤなのでこっちもペースアップして行こうと思います!

それでは今回の動画!「恋のエレクトロキューション」です!

動画制作ジャンキーと化した私。すぐに次の動画に手をつけます。前回で「イキグサレ9」からまだ一曲しか作っていない事に気付き「イキグサレ9」から選曲。特にポップなこの曲に決めました。

感電死をテーマにしたこの曲。電撃のエフェクトバリバリでエレクトロポップっぽいステージにしました。そして衣装ですが電撃ということで「うる星やつら」のラムちゃんがぽっと出て来てしまいまして。版権物だしエッチすぎるから止めようと思ったんですがどうしても頭から離れない。こういう時は結局最初に思いつたアイデアを採用しちゃうんですよねぇ。

全員ラムちゃんって訳には行かず一人だけ版権物ってのもイヤなので誰もが知っている電気キャラと言う事でピカチュウとエレキングをチョイス。ピカチュウパーカーは検索しれば似たもの見つかりますがエレキングワンピース。なかなか可愛いデザイン出来たのではと思っています。

しかし誤算が!若い方はエレキング知らない人多かったようです。あちゃ~やっちまいました!自分がオヤジだということを肝に銘じなければ!

そして一号のラムちゃん衣装ですが作って動かしてみたらそれほどイヤらしい感じにならない。イキグサレ、エロい衣装も爽やかに着こなせるのでは?と思い始めました。

動画「綱渡りガール」解説

どうもです!イキグサレがエントリーしたアイドルオーディション「ミスiD」。その前哨戦というべき「スタートダッシュイベント」という物が「cheerz]というサイトで行われています。2500人もの参加者から次の「カメラテスト」に進めるのはわずか400人。「スタートダッシュイベント」は参加者を10のブロックに分け人気投票のような物を行う企画です。各ブロックの上位10名は「カメラテスト」への切符を手にする事が出来ます。

「これにも参加した方が良い」とアドバイスを受けましたので参加しました。最初は50位以下で「まあ身分相応だろう」と思っていたんですが・・・数時間後確認してみたらBブロック9位になっていました。その後も最高6位まで上がって現在8位です。なんだか半分パニックになっております。

応援していただける事は本当に素直に嬉しくて感謝してもしきれないのですが根がビビリの私。この状況少し恐怖ですw他のランキングにいる方は若くて綺麗な可愛い女の子ばかり。当たり前です。アイドルオーディションなんですから。その中に私の分身、イキグサレがいるのは凄く居心地悪くちょっとでも弱気になったら逃げ出したい気分です。しかしこの「居心地の悪さ」って状況が変化する時には必ず付き物です。より良い状況にステップアップする予兆のようにも感じています。なにはともあれ頑張ります!

前置きが長くなってしまいましたがいつもの動画紹介。今回は「綱渡りガール」です

このころ父が体調を崩す事が多くなり頻繁に病院の付き添いに通っていました。病院の近くには高層マンションが立ち並ぶ一角があります。ボンヤリ眺めていたら高層ビルの屋上から屋上へ飛び移るイキグサレの映像が頭に浮かびました。さっそくそのイメージを可視化しようと作り始めました。高層ビルの町並みなんてステージあるのかな?と思ったんですが探したら一発で見つかりました。さすがMMD.ユーザーのみなさん。本当にありがたいです。

ビルを飛び移るっていうんだから「夜走る」かなと考えたんですが頭に湧いたイメージは真昼間の晴天。飛び移るんじゃなくて綱渡りで行こう!と「綱渡りガール」にしました。衣装はこの曲が収録されているアルバム「イキグサレ9」のジャケットの色違いです。このアルバム全く意図していなかったんですが出来上がったらサーカスに関係している曲が二つもあったのでピエロの衣装にしました。

問題は振り付けです。みんなで綱渡りしているんですからいつものフォーメイションチェンジが出来ません。そこでせっかくピエロの格好しているんだから「おっとっと」と落ちる振りをして位置を変えたりアクロバット的な動きをしたりといくつかパターンを考えました。これは大変でしたが動かしていてすごく面白かったです!MVとしてかなり面白い物が出来たと思っています。

このころは常に何か作っていないとソワソワしてしまう制作ジャンキーみたいになっていました。月に一本以上のペースで動画作っていました。今思うと日に日に体調が悪くなっていく父に不安を感じていてその不安を払拭するために動画作っていたのかもしれません。

動画「配管女」解説

どうもです!以前の記事で「ある企画のためツイッター公式アカウント作りました」と書きましたが遂に企画が動き始めました!アイドルオーディション「ミスID」にイキグサレが正式エントリーです!イエーイ!

ミスID

最初、お知り合いの方から「ミスIDに出してみたら?過去に女子高生AI受賞した事もあるみたいですよ!」とお話いただいたときは「いやいやいや!架空の存在だし作ってるのオッサンだし趣旨と違いすぎるでしょ!」と思ったんですがこのミスID。応募要項読んでみるとユニークさや大多数に受け入れなれないマイノリティである事を推しています。「たしかにイキグサレにピッタリだなぁ」と思えて来ました。それでも「場違い、お門違いだろう」と躊躇しましたが「いや、それを決めるのは選考委員の方々だよな。自分で決める事じゃない。本当にそうなら落選するだけだし」と考えたらエントリーしてはいけない理由が無いことに気がつきました。五十路の親父が作った創作物が本物のアイドルオーディションに出るなんてメチャクチャ面白いじゃないですか!しかし色物枠だろうがなんだろうが出るからには落選したら悔し涙流すくらい本気で行かないと意味無いので頑張ります!

それでは今回の動画紹介。コレです!「配管女」

前回の「ネイルガン」でちょっとだけ使った動画編集ソフトの機能。もっと有効に使えない物かとすぐに次回作に着手。とりあえずどれかアルバムの一曲目にしようと考えました。オープニングナンバーはそのアルバムの顔ですので基本キャッチーに作ってあります。ですからMVにしやすいのですが今回は暗い感じのを作りたかったので全編通じて不穏な空気が流れる「イキグサレ8」から配管女をチョイスしました。

しかしイントロ部分で動画編集ソフトを使った物の後は曲の雰囲気に会わせる事に集中しちゃって結局いつものイキグサレ動画になってしまいました。舞台は歌にあわせて下水道。ならば衣装はパーティードレスしかない!と思いました。何故か私、下水には華やかで綺麗な物が居なければいけないと刷り込まれています。自分でもよく分かりませんが多分、日野日出志先生や高橋洋介先生のマンガの影響の気がします。そして配管女。デザインは昔、一ノ瀬屠殺彦に無理やり描かされた私の唯一の漫画作品「ビックリ女」から持って来ました。このデザイン気に入っていて配管女さんはちょくちょく登場させています。やはりイキグサレはちょっと怖いくらいが作っていて気持いいですw

動画「ネイルガン」解説

どうもです!新作動画立て続けに製作したからか、この暑さのせいか今日はかなりグッタリしております!しかし何も作業してないと妙にソワソワしてしまいます。またなにか作り始めないと!

はいそれでは今回の動画紹介!「ネイルガン」です!

前回はロリロリの小学生風衣装だったので無骨な色気のかけらも無い衣装を作りたくなりました。そこでこの曲「ネイルガン」を選択。この曲、歌詞で登場人物の衣装を事細かく説明しています。機械工の作業員のような格好なのでピッタリだと思いました。ただ私、機械に疎いのでエアコンプレッサー背中に背負える物なのか、どの部分に接続するのかとか全然分かりません。もうそこら辺はフィクションでファンタジーなんだからと開き直りモビルスーツのランドセルや武器をデザインするつもりでモデリングしました。一番イメージしたのはダグラムの24部隊のソルディックです!〈誰も分からないと思いますがw)

あと「虫ライブ!」で挑戦しようとしたテクノっぽいアニメーション。モーショングラフィックスと言うらしく動画編集ソフトで作ると言う事を知りました。私が使っているフリーのソフトでも出来るらしいので挑戦してみました。

MMDとは違った効果が得られて凄く面白かったのですが私にはどうも効果的に使いこなす事が難しいと感じました。間奏部分のネイルガンぶっ放す所も結局MMD上で作っちゃいましたしwしかしイキグサレの中でも異彩を放つ動画になったと思います!

動画「地獄委員長」解説

どうもです!一昨日、突発的に新動画のアイデアが降りて来ました。出てきたアイデアはさっさと作らないと腐っちゃうので暇を見つけてはチマチマと作業しております!

今回の動画紹介はコレ!「地獄委員長」です!

実はこの動画もクリスマス時期に作った物です。「永久のワンダーランド」「虫ライブ!」と自分にとっては力作を立て続けに制作、そのまま十周年記念アルバム「イキグサレ10」の制作に入ってしまったので半年以上ぶりの動画です。

最初はまたクリスマスという事で何か特別な物作ろうと考えていたのですが、さすがに三回も特別な物が続くってのはおかしいだろうと思い今回はいつものイキグサレで行こうと決めました。何もアイデアが無かったので衣装から考える事に。なんとなくメガネ掛けさせてみようと思い立ち、作ってみたらなんだか皆よく似合うwこれは絶対使おうとメガネが似合う曲探したらありました。「地獄委員長」です。

小学校を舞台に優等生の融通のきかない正義の狂気を歌った曲です。ならば衣装も小学生の物をと制作しました。なかなか衝撃的な衣装だと思っています。しかしこの衣装、サムネイルからyoutubeに児童ポルノと関連付けられてしまったようで収益化認めて貰えなかったんですよ。まあいいかと放置していたらアカウントごと収益化剥奪ですwなんだかなーと思いますがやはりイキグサレは闇の住人なんだなと再確認です!

という訳で半年以上時間を空けて新作作ったのですがニコニコでも「まだ生きていた」とか「久しぶり」とか言われてしまいました。半年という時間はネットでは決して短い物では無いようです。気合入れて時間かけて大作作るよりも肩の力抜いてコンスタントに作品作る方が良いのでは?と思い直しました。ここからしばらく第一回月一動画活動が始まります。

動画「虫ライブ!」解説

どうもです!明日から遂に学校再開!娘は初登校ですからねー。準備や宿題の丸付けなどでてんてこ舞いです!

それでは今回の動画紹介です!二度目のライブ動画「虫ライブ!」です!

十周年記念のクリスマス動画ということで前回、気合入れすぎてしまって燃え尽きてしまったのか全くアイデアややる気が出ず困っていました。何でもいいから手を付け始めちゃおうと取り合えずアイデアが無くても特別感が出せるライブを作ろうと考え始めました。そこで思いついたのがテーマが似ている曲を集めたライブ。虫はホラーの小道具としてとても優秀なので虫をテーマにした曲がイキグサレにはいくつかありました。それを纏めてライブ動画作ってみようと。「蜘蛛ちゃん地獄」はもう作っちゃったので「蝿の女王」「腹ペコ軍団」「黒いキューピッド」に決定です。しかし後もう一曲ファーストアルバムに虫全般を題材にした「蟲寄せの歌」というのがあります。さすがに一気に四曲やるのはキツイなーと思ったんですが虫ライブといってこの曲外す訳には行かないと強行突破です。おかげでニコニコでは画質の関係で前半、後半分けなければいけないほど長い動画になってしまいました。

衣装は「永久のワンダーランド」でちょこっとだけ使ったイキグサレ8のジャケ衣装が好評でしたのでそれに決定。さすがにただ踊っているだけでは寂しい気がしたので「のっぺらボーイ」でやってみたスクリーンを使うことに。イメージはカラフルなシルエットやラインがグリグリ動くテクノっぽいオシャレな感じ。こういうの動画編集ソフトで作る物らしいんですがこの時は全然知りませんでした。ですからMMDでシルエットのモデル作って無理やりMMD上で再現しました。コレがもう大変でwやらなきゃよかったーと後悔しきり。でも作り始めちゃったんだからなんとか完成させました。四曲分の振り付け、バックスクリーンの動画ということでいつもより手間ひまかかってしまい今作、作っただけでアルバム製作の時期になってしまいこの年は極端に動画が少ない年になってしまいました!

動画「永久のワンダーランド」解説

どうもです!六月からついに学校再開です!ようやく子供のお世話から開放だー!って思ったんですがまだ週二程度の登校だし給食もありません。まったく楽になりません!まったくもー!

はい今回の動画紹介です!イキグサレ結成十周年記念動画「永久のワンダーランド」です!

さてさて、この動画の時はまたクリスマスの時期が来てしまいまして。なにかスペシャルで特別な物を考えなければならなくなりました。丁度この頃コメントで「永久のワンダーランド」の動画をリクエストされる事が何回かありましたので「じゃあこれにしようかな?」と思ったのですがこの曲にはちょっと思う所がありました。

この曲、メロディや歌詞の印象からか「優しい曲」「いい曲」と評価いただけることが多く、とても嬉しいのですが私はイキグサレの中で一番酷い残酷な曲だと感じています。作曲当時のマイナス感情をユーモアに包まずそのまま吐露してしまった気がしているんです。ですから自分でもかなり気に入っている曲なのですがMV化躊躇していました。そんなときホームページのBBSに「十周年おめでとうございます」という書き込みを頂きまして。自分でも気付いていなかったんですがファーストアルバム発表してから丁度十年目でした。ならば次回の動画はクリスマス動画であり十周年記念動画になる訳です。これはもう自分のこだわりなんていっている場合じゃない。求められている物作るべきだろう!しかも集大成となる物を!と、制作に着手しました。

集大成ということで過去作の衣装とステージを全て使うことに。この曲に合う振り付けは全く思いつかなかったのでアドリブで作っていく事にしました。この時点でイキグサレの衣装は20種類。三人分で60ものモデルを使うことになります。この時私はまだ知りませんでした。MMDには読み込めるモデル数の上限があるという事を。

モデル数の上限超えたとたんMMDはウンともスンとも言わなくなりファイルもエラーが出て開けない。やっちまいました。一週間分の作業全部パァですwしかし十周年記念の動画です。こんな事じゃへこたれません。また一から作り直しました。

そんなこんなで苦労した動画制作でしたが最後のバァーっと歴代コスチュームが出て来るところなんか自分で見ても泣きそうになりましたし十周年記念に相応しい物が出来たんじゃないかと思っています!

動画「のっぺらボーイ」解説

どうもです!なんか学校から配布物を取りに来いと連絡がありとりに行ったら五月分の宿題でした。なんかもうね。四六時中、子供と一緒で何も出来ないのに勉強まで見なきゃいけないのはキツイですなー。娘と一緒に朝顔の観察始めます。

それでは動画紹介!今回は私の動画製作の一つの到達点ともいえる動画「のっぺらボーイ」です!

この動画も最初は衣装から考えました。可愛らしいのが続いたので今回は悪そうな凶暴そうなのを作りたくてデザインしたのですが、さすが私の頭は小学生。戦隊やライダーの女敵幹部のようになってしまいました。ならばいっそ、やりたいと思っていたけど技術や手間を考えると不可能だと考えていた物に挑戦してみようかと。バトル物です。

そこでこの曲「のっぺらボーイ」に白羽の矢が立ちました。この曲元々は過去の後悔や未来への不安ばかり注視して現在を全く見ていない状況を妖怪「のっぺらぼう」にかけて歌った曲です。のっぺらボーイというキャラクターは存在していませんでした。しかしある方が描いて下さったイキグサレのファンアートでのっぺらボーイをカッコよく描かれていまして。こういう解釈もアリか!と驚いた事がありました。そこでのっぺらボーイをヒーローに見立てて怪人と戦うバトルアクション作ろうと決めました。ただイキグサレたちはどうしようかと。歌っているところは見せたいので戦う訳にはいきません。最初は画面の端でワイプで歌わせようかと思ったのですがアイドル水泳大会みたいでダサい。そこで思いついたのが映像を映したスクリーンの前で歌うというアイデアです。これはバッチリはまったと思います。お陰で後半、スクリーン内とリンクするなんてアイデアも出て来ました。

さて、バトルアクションですが凄く手間が掛かり面倒臭かったですが作っていて凄く面白かった!もう気分は特撮作品の脚本、特技監督、アクション監督、監督です。怪人のデザインは凝った物にすると動かすのに苦労すると思い白い仮面と黒い体という超シンプルな物にしました。おかげで人型、女性型、獣型、巨人とバリエーションを広げられ結果オーライ。あと敵、見方関わらず繰り出す全ての攻撃が当たると死ぬ、殺意ある物というのを意識してアクションを作りました。これまたかなり燃える作業でした!

「あー頑張ればコレぐらい作れるようには俺にも技術ついたんだなぁ」と思えることが出来た作品です!

動画「くるくる」解説

どうもです!相変わらず自粛生活です。それでも娘はちょっとだけ近所のコンビニに一緒に行ったりしますが息子にいたっては一歩も外に出ません。「たまには外の空気吸えよ~」と誘っても「めんどくさい」といって自粛しています。大量のオモチャとニンテンドースイッチのお陰ですがコイツには引きこもりの才能があると思います。核シェルターや宇宙ステーションの生活にも順応できると思います。

では今回の動画解説!「くるくる」でーす!

前回、コスチュームから作るという方法が上手くいったので今回も!と思ったのですがセーラー服、メイド服やっちゃったのでなにもアイデア出てきません。出て来ても露骨に性的な衣装ばかりで「イキグサレ」っぽさが無いように思えて採用しませんでした。それでも、しつこく考えていたら地下鉄乗っている時ふとアイデアが降りて来ました。「一号は元々一つ目小僧なんだから一つ目小僧の格好させたらどうか」と。

一つ目小僧といったら僧形です。でも他の二人はお坊さんの格好似合わないだろう。じゃあ宗教繋がりで・・・と連想したらシスター、巫女というバッチリな物があるじゃないですか!地下鉄の中で小躍りしたくなりました。となれば曲は宗教絡みということで「くるくる」しかありません!

ステージは歌詞に出てくる歯車をイメージした物を探したのですがいまいち合った物が無くて、仕方がなく自作しました。「歯車が噛み合っていない」と深読みしてくれるコメントを頂いていますが、これは私の技術不足です。しっかり噛み合った歯車作る技術があったら噛み合わせていたと思いますw出来上がったステージこのままでは単調すぎると思ったのでループさせてずっと左に進むダンスにしてみました。そして長い廊下はやっぱ走りたくなりますよね。ということで彼女らも走らせる事に。セリフでキャラ付けするのには抵抗がありますが動きや持ち物でキャラ付けるのは抵抗がありません。彼女たちのイメージを思いっきり投影してみました。やはり今まで以上に彼女たちは生き生きとしてきます。そうすると好きになっちゃうんだよな~w

最後に登場する「神様」は社会批判や風刺の象徴ではなく自然な「時の流れ」や「事象」としてデザインしました。ですから悪意や意地悪な感じではなくコミカルに呑気に歯車を回しています。従う必要もなく敵視や恐れも抱く必要のない存在として感じて頂けたら嬉しいです!

動画「ブラブラさん」解説

どうもです!ここ最近ブログさぼってしまいました。その間ボーっとしていた訳ではなく動画作っていました。

それがこちらです。新作動画「どうかどうか」です!

またイキグサレ公式アカウントのオフショットもいい感じで増えています。

イキグサレ公式アカウント 

そんなこんなで充実した自粛生活をおくっております!

今回の動画紹介!こちらです。「ブラブラさん」です。

「ミニライブ!」作って一仕事終えた気分になっちゃって、なんだかこの曲の動画作ろうとか映像からのアプローチとかでアイデアが出なくなっちゃいまして。どうしようと考えて思いつきました。曲や映像は後回しにして、とりあえず着せてみたい衣装を制作してみようと。となればアイドル衣装の定番中の定番、セーラー服しかない!とモデリング始めました。

といってもセーラー服、上は亡霊軍艦の衣装で間に合うしスカート作ればいいだけ。あっという間に完成です。イキグサレで学生の曲あったっけ?と探したところありました。教室が舞台の歌が。教室の窓から見える鉄塔にまつわる怪異を歌った「ブラブラさん」です!

この曲、衣装からというアプローチでなかったら絶対MV化しなかった曲だと思います。しかしセーラー服という必要以上に媚びた衣装で歌い踊るには最適だったような気がします。なにか非常に曲、映像、衣装のバランスがとれた動画になったと自負しております!