イキグサレ

どうもです!さーて遂にこの曲の紹介です。2、八曲目

「イキグサレ」

これはもう完全に題名から曲作り始めた曲です。このころ同じ三人組アイドルと言う事で伝説的アイドル「キャンディーズ」の研究というかCDやDVD視聴していました。幼稚園の頃、まだアイドルを素直に見ていた時のアイドルですから「この曲大好きまだったな~」と懐かしく、また今視聴してみると一時代築いたアイドルだけあって結構良いんです。そしてキャンディーズ、「キャンディーズ」っていう曲があります。Perfumeにも「Perfume」って曲があるんです。アイドルはグループ名を冠した曲歌わなければいけないってお約束がある訳では無いと思うんですが年代を超えて好きになった二つのグループがやっているんですからイキグサレもやるべきだと思いました。ちなみにキャンディーズの方は完全に自己紹介曲で「私はラン!私はスー!私はミキ!ステキな時間をあげるわ~」なんて能天気な曲です。Perfumeは「私たちは磁力で引き合った。みんなの前で歌えて嬉しい」といった内容。どちらもイキグサレには参考になるものではありません。

大体「生き腐れ」生きながら腐るってどういうことなんだと。最初は壊死についての曲にしようと思いました。調べてみたら壊死は英語で「ネクローシス」。なんかカッコイイ単語が出てきたので行けるかと思ったんですがどういじってもアルバム収録曲止まり。グループの名を冠する代表曲にはなれません。他にも体が腐っていくゾンビの悲哀とか腐る=醗酵という事で発酵食品の歌とか考えたんですがどれも代表作の器じゃない。人気が出て結果、代表作になるというパターンではなく最初から代表作を作るっていうのがこんなに難しいとは思いませんでした。

それで暫く「腐る」って事についてずっと考えていたんですが、あるときふっと師匠の言葉を思い出しました。「やる気やアイデアってのはさっさと出さないと腐るよ」と。これで一気に流れが変わりました。そうだ心が腐るってのもあるじゃないかと。ここからは早かったですw一気に曲と歌詞を作りました。爽やかなんだけどちょっと物悲しく転調もこれ見よがしではなくさりげなく。思いはあるんだけど下品に騒ぎ立てない。思いは成就されず心は腐るけど「元気です」と言い切る高潔さ。代表曲にふさわしい物が出来たと思っています。

スポンサーリンク

イキグサレ」への5件のフィードバック

  1. 『イキグサレ』きたー>∀<
    自分もそうですが、やっぱりこの曲のPVからイキグサレを知った人が多いんじゃないでしょうか。まさに代表曲にふさわしい名曲ですね。
    音楽聞く時に「何聞こうかなー」と曲をスキップしているときに『イキグサレ』のイントロが流れてくると、毎回聞き入ってしまいます。おかげでそらでフルコーラス歌えるくらいにはリピートしてますw

  2. 自分はyoutubeのPVからイキグサレに出会ったので
    これが最初の曲と勘違いしてましたw
    最後が健気な感じで締められていて好きな曲のひとつなのですが
    出だしの 別れの時が迫る が気になってます
    病か何か不幸なことで死に別れるのが決まっているのか・・・

    PVが元祖とミニライブ版の2つあるのも特筆すべきところかと

    • この歌詞、高校生ぐらいの女の子考えていて
      入学で出会って卒業で別れるって感じを考えていました。
      だから三年なんです。普通の女の子のつもりの曲なんですw

      • なるほど〜、普通の女の子が学生で、3年・別れ、全て合点がいきます。
        スッキリしてますますこの歌好きになりそうw
        ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です