どうか どうか

昨日も疲れて寝てしまいました。一日一ブログって結構きついですねー。でもやります!出来れば今日中に2の曲紹介終わらせるつもりで行きます!

さあラストスパートです!九曲目

「どうか どうか」

この曲が作られた経緯はイキグサレの中ではちょっと特殊です。実はこの曲、次の2の最後の曲「ヘルアース」のアンサーソング(既に存在する歌に対する返答として作られた歌のこと。)として作りました。次の記事で書きますが「ヘルアース」はパッと見、死後の世界に希望を持っている歌に思えます。その希望を打ち砕くため泣き叫びながら「死後の世界は無い」と歌うのが「どうか どうか」です。

元のアイデアはもうちょっと軽いものでした。この時期、家の店舗にネズミが出没するようになって駆除業者さんに頼んだ事がありました。武器は粘着シートと毒餌。説明によると「この毒はまず視神経を潰す。そうすると光を求めて明るい所に出てきて死ぬ。屋内で死んで死体腐ったりしたら大変ですからね。」と言う事。被害や衛生の事を考えると可愛そうとは思いませんがなんか「恐ろしいな」と思いました。でもネズミやゴキブリやシロアリに呪われた駆除業者さんの話、聞いたことないし魚に呪われた板前さんや釣り人の話も聞いたことありません。そこらへんから攻めてちょっと笑えるような話にするつもりでした。

しかし「ヘルアース」が先に完成してしまいます。どうしても「ヘルアース」の前に死後の世界を否定する曲が必要だと感じました。そこで駆除業者さんネタを使いました。なんか死の考察というか自分の存在の危うさというか、こういった話の恐怖感は幽霊や怪異とは違ったものがあります。こちらの方が怖いと感じる方も多いと思います。私もそうです。そりゃあもう懇願してすがりつくくらい怖いです。なぜこの曲がサンバになったのかはよく分かりませんw

スポンサーリンク

どうか どうか」への2件のフィードバック

  1. こんばんは、いつもイキグサレを楽しく拝聴しております。
    最近ブログをされていることを知り、読み始めました。
    そうしたらイキグサレで好きな曲トップランクの「どうか どうか」の裏話があるではありませんか!
    ちょっと遅いかもとは思いますが、堪らずコメントさせていただきます。

    ヘルアースの前に、泣き叫びながら死後の世界を否定しているという曲の並びの物語に胸を打たれました……
    初めて聴いたときからこの並びにはドキドキしていたのですが、意図した並びと知り改めてあの時のドキドキが再熱しております。
    穏やかで優しいヘルアースと、迫るように縋るように化けて出てと繰り返すどうか どうかの対比がとても好きです。

    また、私も止まった蚊を叩き潰す時や害獣駆除の際に「この子たちは私達を恨み、呪うのだろうか」と冷たく感じる時があったり、死後の世界について考察するときがあるので山本さんの恐怖感に共感できてとても興味深い記事でした。

    長文になってしまいすみません。
    とても面白く読ませていただきました。
    これからも応援しております、活動頑張ってください!

    • こんばんは!幽霊や怪異が現れるお話も大好物ですがなんていうか心の中にベットリ張り付いた不安や恐怖ってのも題材としては凄く面白いです。怖い話ってなかなか奥深いですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です