トントントイレ

どうもです!いきなり告知から。6月30日に死の原惨太郎監督、主催の「第2回新星カオス映画会」に参加させていただく事になりました。PV上映のほかトークや物販コーナーもあるらしいのでCD少しですが持っていきます。詳しくはこちら

「第2回新星カオス映画会」

それはそうと曲解説。四曲目の「あの手を握って」を挟んで五曲目

「トントントイレ」

Eテレの子供番組見ていたとき「ぶんちゃっちゃーぶんちゃっちゃー」というワルツの曲が流れててなんだかよく分からないんですが耳に残ってしまいました。それでワルツのリズムで気持ち悪い曲を作ろうと思いました。テーマは子供の感じる不安。私が子供の頃は土曜日、休みではなく午前中だけ学校ありました。給食も食べずに帰ってきても両親は仕事中。サッポロ一番とか自分で作って食っていました。それはそれでなんか自由な気分になって楽しかったんですが、ときどき午後のロードショーとかでテレ東がよくわかんないホラーやってたりして。家に自分一人しかいない状況が昼間なのに急に怖くなったり。店舗に行けば両親ともいるのに日がさす明るい部屋に一人でいるのが凄く不思議な気分になったりしてました。この時の不思議な感覚を曲に落としこめていたらと思います。

スポンサーリンク

トントントイレ」への7件のフィードバック

  1. 子供向け番組は、時々やたらと独特な曲がありますよね。子供の時に1回聞いただけなのにずっと覚えていたり、大人になってから聞いても好きになったり。
    『トントントイレ』はメロディは子守唄に使えそうな優しい感じなんですが、時々不穏な音も聞こえてくるのでやっぱり不気味さがありますw
    そのメロディのせいなんですかね。歌声もボワーンとしているような、特徴的な加工がされているように聞こえます。

    「第2回新星カオス映画会」
    こんなのがあるんですね! 行けそうであれば足を運びたいと思うのですが、こういうのって当日フラッと行けば問題なく入れるんでしょうか。

    • この曲のイメージの元になったのはもう一つありまして。
      「ワルキューレの伝説」っていう昔のゲーム。これのエレキマンっていうボス戦の前のデモで舞踏会みたいなシーンがあって。そのシーンの曲がなんだか怖くってリバーブ強く掛かっている印象があったのでそのようにしました。
      多分、フラッといっても大丈夫だと思います。時間的に考えてイベント終了してから高円寺で打ち上げするとなると終電間に合わないと思うのでオールで飲もうと思っています。餅からさんもいかがですかw

        • ご相談ですが持ち運びできるDVDプレイヤーお持ちでしょうか?実は「邪願霊」VHSからDVDに焼いたんですよ。できれば見たいと思っているんですがノートPC持って行くのは無理そうで。つか居酒屋でDVD鑑賞ありなのか分からないですがw

          • うーん、残念ながら持ってないです。
            居酒屋で見る分には音量に気をつければ問題ないとは思いますけどね。

  2. 山本さん こんばんは!

    本当に一人でお留守番するのは怖いですよね。
    この曲、あのあと主人公が後ろを振り向くのか気になりますね。

    イベントへ参加するんですね!
    映画のエンディングにイキグサレ楽曲が使われているなんて…!
    イキグサレちゃん、どんどん出世していますね。
    すごく行きたいですが、私情により行けそうにないです、ごめんなさい。

    • 今ではお留守番はお化けより変質者や空き巣の方が怖いですが、やっぱりお化けも怖いですよね。
      監督さんに連絡とったらいつの間にかイベントの出演者になってしまいましたwとりあえず何でも行動してみるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です