テトラポーダ

昨日は娘の習い事の発表会でした。会場の地下に楽器屋さんがあって電子ドラムが置いてあり息子と触らせてもらったんですが欲しくなってしまいましたwドラム練習した事ないですが、これだけ音楽やっているとちょっと遊んでいると簡単なのは叩けるようになるんです。息子も尊敬のまなざしで見てくれますしね!

はい曲紹介です!6の五曲目

「テトラポーダ」

この曲もいままでイキグサレでやってなかったジャンルをやろうと作りました。今回は4ビート、ジャズのリズムです。クールな感じのハイテンポなジャズを目指しました。歌詞は時々怖い話で見かける四つん這いで這い回る幽霊を題材にしています。見た目のインパクトは十分です。有名なホラー漫画「座敷女」でもラスト四つん這いで走っていました。

あと私、よく見る夢で「空を飛ぶ夢」にならんで「四速歩行で走り回る夢」をよく見ます。なぜか夢の中では四速歩行で物凄く速く走る事ができて凄く疾走感や爽快感を味わえる大好きな夢です。この疾走感、爽快感も少しだけ混ぜようとしたんですがやっぱり不気味さが勝っちゃいましたねえ。

題名は「四つん這いの女」じゃクールな感じがしないので色々調べたところ、四肢を持つ陸上脊椎動物の事を全部ひっくるめてテトラポーダと言うらしくこりゃあいいやと採用しました。なんかカッコイイと思います。

スポンサーリンク

 

 

テトラポーダ」への2件のフィードバック

  1. テトラポーダってそういう意味だったんですね。
    この曲は想像しやすい上に怖くて、イキグサレの中でもかなりホラー成分の強い曲ですね。見つかったら一切の対抗方法もなくやられるしかないなんて恐ろしすぎます。
    「人間の形をしたものが、人間には不可能な動き方をする」様子って凄まじく怖いと感じるんですが、これって皆そうなんでしょうかね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です