お皿戦争

あけましておめでとうございます!年末はずっと大掃除、昨日は妻の実家にごあいさつ。今日は姉ちゃんが来るので正月といえ自分の時間がありません!なので昼間更新しちゃいます。

曲紹介、10の八曲目

「お皿戦争」

私、ベース歴結構長いんですがまったく練習してこなかったものがあります。ピック奏法です。実はギターもバッキングは爪で弾いています。出来ない事はなんだか魅力的に思えてきます。キレのある金属的な音。挑戦してみることにしました。結果、ちょっと攻撃的な曲になりました。

攻撃的な曲ということで歌詞の方も攻撃的にしたいと思ったんですが、残っていたネタは「番町皿屋敷」のお菊さん。お岩さんに続く有名幽霊ですがこの曲に使うにはイメージが離れすぎています。どうしようかと考えていたらあるアイデアが出てきました。攻撃的ってなにも加害者や脅威だけのものじゃない。被害者や迎え撃つ側の攻撃もあるなと。ゾンビ映画でゾンビ撃退するのに極端な暴力でゾンビバラバラにするシーンがあります。そのように幽霊に圧倒的で暴力的な反撃を試みる話を思いつきました。反撃のきっかけになるお皿はお菊さんのイメージが残っています。現代的な「班長皿屋敷」のパロディが出来たような気がします。

スポンサーリンク

お皿戦争」への4件のフィードバック

  1. あけましておめでとうございます、今年も更なる山本さんとイキグサレの活躍に期待します。

  2. あけましておめでとうございます。
    この曲、伴奏なしにいきなり歌詞が出て珍しいなと思い心を掴まれ
    さらにその内容、物理攻撃も法律も関係ないものを相手に全力攻撃
    ホラー物では超常相手には逃げ惑い防戦一方な話が多い中
    こちらが地獄の果てまで追いかけかねない勢いがあって、とても気持ちいいです。
    死んでるからって調子のるんじゃねぇ は名フレーズですね。

    • あけましておめでとうございます!たまには攻守逆転したお話も面白いと思います。やりすぎると「寺生まれのTさん」みたいになっちゃいますがw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です