動画「イキグサレ」解説 中編

どうもです!今週後半から週末にかけて子供がらみのイベントが立て続けにあります。ブログ書く時間すらまとめて取れない状況ですが動画説明やっていきます!

前回はアイドルマスターやったことで本気で動画作る気になった所まででした。

検索して情報を集めてみて分かった事。3DCGはそれほど敷居高くないと言う事です。高額なソフトや高性能のPCが必要だろうと思っていたんですが全てフリーソフト、ノートパソコンで作る事が可能だと解りました。後は自分のやる気、根気次第。さっそくソフトをダウンロードして製作開始です!

まずはモデリング。メタセコイアというソフトを使いました。ポリゴン組み立ててキャラクターを作る作業です。慣れるまでは机や椅子といったもので練習するべきだと思うんですがいきなりキャラクターから作り始めてしまいました。おかげで慣れるまで失敗しまくりでしたが慣れてくると非常に楽しい作業です。自分のキャラがPC上に立体として現れてくるんですから!

メタセコイア上で骨組み設定してMIKOTOというソフトに読み込むとモデルが動かせるようになります。イキグサレたちがデジタルフィギュアのようになりました。もう大興奮です。このMIKOTOというソフト、動きを保存してアニメーションできるんですが動画ファイルとして出力出来ません。連続した画像ファイルとして出力されます。それを動画ソフトで連結して動画になります。一連の作業を試すためにまずは一号が手を振っている数秒の動画作って見ました。モニターの向こうから笑って手を振る一号。感動して泣きそうになりましたw

作業は続きます。次は振り付け。振り付けなんてした事ないしダンスの知識全くありません。まずはダンスと言う事をいったん忘れてフィギュアをカッコよく飾るつもりでポーズ付けていきました。ここまではそれなりに苦労しましたし疲弊もしましたが楽しい作業だったと思います。地獄は次からですw

また次回に続きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です