マイホーム・オブ・ザ・デッド

土日はずっと子供といるから更新出来ない確立が高いです。うーん困ったもんだ。

今日は3の七曲目

「マイホーム・オブ・ザ・デッド」

これはもうお分かりだと思いますがゾンビ物やろうと作った曲です。ホラーを扱っているんですからゾンビ物は避けて通れないだろうと作り始めました。数々のゾンビ映画ありますが一番印象に残っているのはやっぱりジョージ・A  ・ロメロ監督の「ゾンビ」です。ゾンビだらけの世界で生き残るためにショッピングモールに立てこもる映画です。ホラー映画って「絶対こんな状況イヤだ」っていうシチュエーションばかりですが「ゾンビ」だけは違います。無人となった巨大ショッピングモールでやりたい放題。すごくワクワクします。この作品見た人はみんな「もしゾンビが発生したら」という妄想するんじゃないでしょうか。

この曲、そんな妄想を元に作り始めたんですが実際ゾンビを出すより妄想の中だけで完結する方が面白いと思いました。あと対ゾンビ武器に銃は必須です。現代日本で銃を入手するのは困難なので舞台は限られてきます。選んだのは熊や猪が現れるような田舎の村。そういうところなら地元猟友会ぐらいあるだろうと。閉鎖的な村で村民をゾンビに見立てて殺しまくる。なんか似たようなシチュエーションあったような・・・と思い出したのが「津山三十人殺し」です。これで歌詞のイメージは大体決まりました。

曲はもともとの「ゾンビ」がダリオ・アルジェント監督作品で有名なイタリアのプログレバンド「ゴブリン」が担当しているので久々にプログレ意識した曲にしてみました。当時のホラー映画の雰囲気を出せていたらいいのですが。

スポンサーリンク

マイホーム・オブ・ザ・デッド」への2件のフィードバック

  1. 巨大ショッピングモール×ゾンビを実際に体感させてくれたゲーム『デッドライジング』は最高でした。
    『ゾンビ』のショッピングモールのBGMとして有名な「The Gonk」を裏で流しながら遊ぶと雰囲気抜群です。

    ところで、ゴブリンってバンド名だったんですね……! 勝手に個人名だと思ってました。
    なんとなーく名前通りに、小さいオジさんが作曲してるものだとw

    • デッドライジングはショッピングモール内でプロレスしまくりで面白かったですね。ボスキャラが人間なのも面白いです。
      ジープに乗った三馬鹿とかクレイジーピエロとか肉屋のおっさんとか。ゾンビ発生しなくてもあそこかなり危険な場所ですよねぇw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です