人喰い歌

はい!今日も今日とて曲紹介です!8,9と既存曲が続いて10曲目

「人喰い歌」

この曲は例のごとく夜中の散歩中、いきなりサビの「愛をこめて歌を歌おう」がメロディーと歌詞同時に出てきました。メロは使えると思ったんですが歌詞の方は「このままじゃホラーにできないだろ」と思い別の歌詞に差し替える予定でした。しかし、色々やってみたんですが最初の歌詞よりこのメロにあう歌詞見つかりませんでした。そこで発想を転換して「愛をこめて歌を歌おう」から広げて怪談を作る事にしました。思いついたのは「聴いたら死ぬ」と言われている呪いの歌。「暗い日曜日」とか有名です。でも音楽聴いて死ぬってどういう状況なんだろうと考えた結果、ヘッドフォンやイヤフォンをして聴覚が奪われた状態でのアクシデント。これが一番理にかなっていると思いました。そしてこの曲珍しくイキグサレがイキグサレのことを歌っている設定で作りました。そういうことを加味してイキグサレの曲が最後に聞いた曲になるかもしれない。だから「愛をこめて歌を歌う」。そんな曲です。

宣伝盤を発表した頃まだPerfumeのイベントやライブ行っていました。知名度が無い頃から追っかけていましたから最初から追っかけていた人たちとも顔なじみになっていました。その中でも特に目立つ人物がいて握手券やチケット大量に購入して人に配ったり常に最前列確保していたり。若い青年なんですがその資金はどこから出ているんだろうと不思議でした。そんな彼が突然亡くなります。聞いた話なのですが当時、Perfumeファンの間で流行っていたPCで再生している音楽を自動で書き込むSNSがありまして、その方のそれがずっとPerfumeのedgeという曲で固定されてずっと再生されっぱなしだったそうです。それを不審に思ったPerfumeファンの人がご家族に連絡した所、亡くなっていたそうです。もともと何か持病を患っているという事でした。私も色々お世話になったのでPerfumeファン合同のお墓参りに参加しました。

edgeという曲「誰だっていつかはしんでしまうでしょ」という一節があります。まったくの偶然ですが「人喰い歌」作った直後の事ですからなんだか色々結びつけて考えてしまいます。その方がPerfumeの愛を受け取っていた事を願うばかりです。

スポンサーリンク

人喰い歌」への2件のフィードバック

  1. 気をつけてと歌っているのにも関わらず、なぜかあちらの世界に誘われている気になるのは曲名の恐ろしさなのかイキグサレだからなのか……
    最近使ってるイヤホンは着けてると周りの音が殆ど聞こえなくなるので、外を出歩く時は気をつけようと思います。でないとまさにこの歌の通りになってしまうのでw

    • この曲に関してはイキグサレ確実に誘っていると思います。
      死後の世界じゃなくて「愛を込めて歌っているんだからファンになって」って事ですがw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です