蝿の女王

先日、話題に出た日野日出志先生がツイッターを始められたようで条件反射的にフォローさせていただきました。こんなミーハーな行動初めてです。でも、あの日野日出志先生なんですから。しょうがないですよね!

今日、解説する曲は4の一曲目。人気の有る曲です。

「蝿の女王」

今朝、書いたようにまったくアイデアが出なかった時、妻と小洒落た雑貨屋さんに入る機会があって店内に流れていたこれまた小洒落た音楽が妙に耳に残ってしまいました。なんてことは無いメジャー系のコード進行にマイナー系のドミナントが入っているだけなんですがなんだかこの時グッときました。それを足がかりに曲を作り始めました。

「どうか どうか」の時、書きましたがネズミの被害がまた起きまして。駆除業に頼んだのですがこの時、どうやら天井裏か軒下で死んだネズミがいたようで。屋内に蝿が大量発生しました。馴染みあるギンバエやイケバエのように素早くなく簡単に素手で殺せます。しかしそれが何十匹といるんです。なんだか恐ろしくなりました。「毒で殺されたネズミの呪いか?」なんて思いました。そこでピンときました。死体に湧いた蛆が羽化して蝿となり飛んでいく。これってまさに魂の分解と拡散なんじゃないかと。そういえば持っている世界妖怪図鑑に蝿の女王ナスってのが載っていてゾロアスター教の悪魔で死を司る女神だったはず。有名なベルゼバブもいます。そして今回作ろうとしているのはラブソング。一気にアイデアが広がりました。

先ほど書いた作りかけの曲が綺麗な感じにまとまってきたので、この蝿のアイデアと合わせました。アルジェント監督の「フェノミナ」。登場するジェニファー・コネリー演じる虫少女のイメージも取り入れ美しく、おぞましく、情熱的な曲になったと思います。自分で作っておいて言うのもなんですが「幾千幾万の二人の子よ」の件は、おぞましくも一途な愛が表現できたんじゃないかと思っています。自信作です。

スポンサーリンク

蝿の女王」への2件のフィードバック

  1. サビの「飛ーびーたーてー」が大好きです。
    自分の体を媒介にして蝿に載せた呪い。無数の闇が、幸せにあふれている街を目指して一斉に飛び立っていく様を思い浮かべてとても心動かされます。
    こんな発想があったのか! と初めて聞いたときは衝撃でした。

    日野日出志先生、めちゃくちゃタイムリーですねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です