クモちゃん地獄

はい!日焼け止め塗らなかったら肩や背中が真っ赤になってヒリヒリします!

曲紹介、5の最後の曲です。

「クモちゃん地獄」

虫はホラーの小道具としてよく使われます。私は虫好きなので怖くないのですが前回4で「蝿の女王」作ったときネタとしてはかなり使い勝手がいいことに気がつきました。そこで今回はクモで行こうと決めました。身近な生物だし「クモにまつわる怖い話」も探せばいっぱいありそうな気がします。家でよく見かけるハエトリグモは可愛いですしね。

しかし製作中、東日本大震災が起こります。落ち着いてから曲作り再開しても作れませんでした。テレビでメルトダウンや海岸に遺体が300人流れ着いたなんて放送された後では私が考えた怪談なんて怖くもなんともありません。独り身だったらまた違ったのでしょうが妻がいて子供も生まれたばかり。そのとき起きたこの災害は直接被害は無かったもののかなり怖かったです。自分一人だったら自分が死ぬだけで済むんですが死んでほしくない人が身近に出来るとこんなにも恐怖が倍増するんだと始めて知りました。亡くなった方や遺族の方、特に子供をなくされた方の事を考えるとフィクションとはいえ怖い話を作る気にはなれませんでした。

しかしまだ5の曲出揃ってないので作らなければなりません。そこで残っていたクモのネタを使って元気が出る曲を作ろうと考えました。勿論、被災された方を元気付けようなんておこがましい事は考えていません。そんなことが出来るほど私は他人の気持ちに寄り添う事が出来ないし自分のことで精一杯です。しかし世の中には(少なくとも私一人は)綺麗な言葉で励まされるよりマイナスの言葉で励まされた方がピンと来る人もいると思っています。そこでこの曲作りました。

芥川龍之介の「蜘蛛の糸」をイメージしています。主人公カンダタの前に垂れた一本の糸に地獄の亡者が群がって切れてしまいますが、この曲では蜘蛛の糸は皆に一本づつあるんだとイメージしています。常識やこだわりで見えなくなっているけど掴める糸はあるんだと。地獄なんか簡単。嫌になったら糸掴んじゃえばいいんだから。そういう曲です。

スポンサーリンク

クモちゃん地獄」への6件のフィードバック

  1. 山本さん こんばんは!

    昭和レトロポップな雰囲気満載で好きです。pvの蜘蛛ちゃんがかわいかったです。

    私もマイナスな言葉で励まされるタイプかもしれません(^-^;
    「もっと気楽に生きようよ」と言われ肩の荷が下りました。

    • こんばんは!
      明るい曲調も相まって後ろ向きのようでいて斜め前を向いている、
      そんな曲になったんじゃないかと思っていますw
      ハエトリグモは有無を言わさず可愛いですが、昔一度だけ家にアシダカグモ出現した事があります。なかなかの迫力でしたがあれはあれで可愛い気がします。

      • クモさんかわいいよね、みんななぜあんなにクモさんを毛嫌いするのか不思議です。

        • 一回手に乗っけて手乗りクモやってみれば思いのほか気持ち悪くないと気付くんじゃないかなと思います。私、一回手乗りゲジゲジやってみたんですが別に気持ち悪くなくサラサラした感触でしたよw

  2. この曲は東日本大震災の時期に作られたんですね。私もあの日は一気に非日常の世界に入ってしまったようで怖くて怖くて、もう成人してましたが母と弟(当時保育園)が寝てる寝室で一緒に寝ました。
    芥川龍之介の「蜘蛛の糸」はいろいろと想像を掻き立てられて、発展性のある面白い題材ですよね。1本の糸を醜く奪い合って共倒れするというのも嫌いじゃないですが、誰の頭上にも救いの糸が延びているというのも良いですね。
    「どうせ助かる地獄なんだから」ってフレーズが好きです。

    • やはり3・11は強力な体験でしたね。創作で死を扱う事が多かったからこれ以降、少し作品の内容も変わっているんじゃないかと思います。地獄も妖怪と同じで「地獄だ」と思ったら地獄で「地獄じゃないよ」と思ったら地獄じゃないんだと思います。全ては自分の思うがままなんだと感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です