ドア越しデート

どうもです!先日は「海外でイキグサレ紹介されたぞー!」と有頂天になっていた訳ですが、そろそろ本ブログの本来の目的「イキグサレをいかにしてビジネスとして成功させるか」を考えてみました。考えてみたんですが、何も出てきませんでしたw まあこれは常々考えていくとして今は曲紹介やっていきます!

はい、それでは12の七曲目

「ドア越しデート」

この曲はアルバム作り始めて二番目に手を付けた曲です。この時はまだいつもより時間があると思っていて「時間があるんだから出来なかった事をやろう」とホーンセクションをサックス、トランペット、トロンボーンの音色を使ってちゃんと作ってみようとやってみました。セカンドの「呪い」以来久々の作業です。いじっていたらかなり気に入ったイントロが出来上がったので「これはアルバムのラストに持ってこよう」と決めました。しかしアルバム紹介で書いた様に雑務に追われたりモチベーション出なかったりアルバム製作はグダグダ。この曲がラストを飾ることは出来ませんでした。しかし後の三曲は昔作った物を引っ張り出してきた物です。実質的なこのアルバムのラストはこの曲のような気がしますw

歌詞は物凄く苦労して内容も二転三転しました。最初思いついたのはサキュバスの歌。サキュバスってその性質上、フェロモン出しまくりのセクシーでグラマーな姿で描写されがちですが能力を考えるとターゲットに合わせて容姿を変えられると思うんですよ。人の好みは千差万別。ですから一般的には全く性的魅力を感じない姿のサキュバスもありかと。アニメキャラのTシャツ、デッカイ眼鏡、ダボダボのオーバーオール、BL本が詰まった紙袋持っていても自分に好意を向けてくれたら好きになっちゃうでしょ?wそういうサキュバスの話考えていたんですがどうやってもラノベ、ラブコメにしかならない。サキュバス目線にしたりターゲットの男目線にしたり色々やったんですが纏まらない。メロディーに合わせて使えそうな単語ブツブツ歌いながら隅田川沿いを歩いていました。そうしたら「インターホン」という単語が急に出てきました。夜中に突然なるインターホン。これだ!とようやくイメージ纏まりましたw

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です