アルラウネ

どうもです!実は前回、更新した直後に書き始めています。それなりに酔っているんですが今回の内容、酔ってないと書けない気がしまして今書きはじめています!

最後の曲紹介です!12の十曲目

「アルラウネ」

前回、女の子と組んでいた時のことを書きましたがシーケンサー時代、MTR時代、DTM時代とかれこれ五年くらい一緒にやっていました。最初は男だけでバンド組んでいたときギターの人が「職場にバンドに興味ある子がいるんだけど今度連れてくるわ」といって連れてきたのがその子でした。まあギタリストはその子の事が気になっていてかっこいいところ見せようと連れてきたわけなんですがwギタリストの方は同じ師匠につく兄弟子で年上でしたしその恋を援護するつもりでした。

しかし、その子には彼氏がいまして。でもギタリストは強引に交際を迫るという形になってしまいました。流石に私も彼女もイヤになってしまいまして。別バンド組ことにしました。私は彼女の楽器出来なくてもまったく物怖じしない所に好感を持っていましたし彼女も多少は私のベースプレイを気に入ってくれていたようです。

そして前回書いたような音楽活動はじめました。彼女の彼氏も音楽、特にベースに興味があったようで私に教えてくれっていってきて少し授業ぽいこともしていました。授業料は缶ビールでw非常に楽しかったんですが少したつと私に変化が起きてきました。女の子に恋心が芽生え始めてきてしまいました。

2年ぐらいたってからでしょうか、いつものように彼女が家に曲作り(という名の自宅飲み)に来ました。適当に喋っているとなんと彼氏と別れたそう。「え、なにチャンス?」丁度時期もクリスマス間近。意を決して告白しました。

「よければ次、俺と付き合わない?」

「なにいってんの山本さん。クリスマスだから?」

といって笑う彼女の前に私も笑うしかありませんでした。でも私、まったく心は折れませんでした。家が近いとはいえ、あしげく家に来るという事はこの音楽活動、気に入っているんだし俺が冗談みたいないい曲作ればワンチャンあるだろうと。それからも曲作って、酒飲んで、だべってという関係が続きました。なんか恋愛相談みたいなことも言ってきて「俺ってなんだ?」と思うことも多々ありましたがw

男の間をフラフラしている彼女が急に「この人だ!というのを見つけた!同棲始める!」と言いだして流石に私も焦りました。じゃあこっちはさらにクオリティいいもので勝負してやるとMAC買いました。(パソコン買った本当の理由です)この時点でまだいい曲作ればなんとかなると思っている当時の自分を褒めたいです。

なんとかDTM慣れてきて「ジャパニーズソード」作って次の曲。なんか思いを吐き出したくなりました。五年以上一緒に曲作ってきたあなたが好きだと。一回いって拒否されたけど思いは変わらないと。で、作ったのが「アルラウネ」です。本気で作ったラブレターです。彼女も歌撮りのあと「これ私のテーマソングにする」と言ってくれました。

顛末は悲惨でした。ブログの最初のほうに書いたんですが私には師匠がいます。今でも尊敬している師匠です。出会った当初は既婚者だったんですがいつの間にか離婚されていました。師匠と彼女が結婚してしまいました。今までどんな男と付き合おうが気にしませんでした。なぜなら俺はいい曲作れるから。しかし師匠は私の心の師匠です。勝てるわけ無いじゃないですか。本気で心折れました。師匠と彼女が家に報告しに来た日、始めて師匠の前で泥酔しました。今まで絶対言う訳が無い暴言を吐きました。これでパァです。今までの人間関係、恋心、創作活動、全部パァになりました。翌朝、思い頭を起こしたときは「全部、夢?」となったのを覚えています。

しかし私は今、曲作りをしています。面白いからです。こんなんじゃ創作意欲消えないんです。考えれば私、師匠を尊敬しすぎていたんだと思います。師匠の師事を今でも受けていたとしたらネットに二次創作なんか出していないと思います。これが無ければ妻とも会えなかったし、そうなれば息子や娘と会えない。さらにイキグサレも出来なかったしイキグサレで出会えた方とも会えなかった。この失恋や師匠との別れ凄く重要な人生イベントだったと思います。

で、この私にとって重要な三曲。ただ単に時間が足りないという理由でイキグサレの曲にしてアルバムに収録したわけです。俺は過去から解放されたって事なんじゃないでしょうか?過去から開放されたイキグサレ。ご期待くださいw

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です