PTA地獄

どうもです!昨日は妻が息子の学校のPTA役員の引継ぎという事でずっと小学校に行っていました。PTA役員は必ず一度はやらなければいけないらしく、そうそうに済ませちゃおうと去年、妻は立候補しました。おかげで土曜日や仕事帰りに学校に行かなければならなかったりして、ただでさえ仕事で遅く帰ってくるのに妻は子供の世話どころか触れ合う時間もありません。

それも今回で終わりかと思っていたら、また役員になってしまいました。なんだかもう非常に釈然としません。妻も好きでやっている訳ではないので責める事は出来ません。聞けば他のお母さん方も嫌々やっているようですし、活動内容も「それ本当に必要?」と聞きたくなるような事ばかり。誰かが得をしている風でもないし誰も幸せになっていない気がします。

家の地域は私が子供の頃、商店街や町内会の力が強く学童も○○屋さんの子供が多かったと思います。しかし今は商店街は廃れマンション住まいの子が多く両親共働きの家庭が多い。ぶっちゃけPTAなんかやっている暇ないのに、いまだに前時代的なシステムが健在のようです。そして学校も「当校はPTA活動が盛んです」なんて言っています。さすがにおかしいと思い意見を言おうと思ったんですが、なんと意見を受け付ける部署がない。どこに意見を言えばいいのか分かりません。

もしかして形骸化したシステムだけが残っていてみんな迷惑しているのに変える術が無い?なんかコンピュータに支配されたディストピアみたいな話ですねぇw

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です