地獄委員長

最近、妻の仕事が忙しく夜遅くに帰宅します。私は完全に専業主夫のような生活ですが子供二人がHPを激しく削り吸い取ってくれます。でも私は元気です!

曲紹介いきます!4の四曲目

「地獄委員長」

爽やかな曲、ハードな曲、ポップな曲と続いたので今度はソリッドでクールな曲にしようと作り始めました。同時に歌詞も考え始めました。当初考えていたのは「正論や正義を振りかざした過剰な攻撃性」をテーマにしたものです。でもいくら考えても愚痴っぽくユーモアが足りない歌詞になってしまって「このテーマはやめよう」と思ったんですが、散歩中突然思いつきます。「小学校のクラスの話にしよう」と。終わりの会のイジメに等しい吊るし上げや子供ゆえの融通が利かない正義感などテーマにピッタリだと感じました。大人から見ると意味不明で歪んでいるようにも見える子供同士のルールやコミュニティ。ホラー要素も十分です。

曲も小学校を意識させるリコーダーと木琴の音源を使ってみました。これがいい感じにハマってくれてテンションMAX一気に完成まで持っていけました。子供ゆえの残酷さ、見当違いな事を大真面目にしているユーモラスさ、そして恐怖。うまく表現出来たんじゃないかと思っています。

スポンサーリンク

地獄委員長」への2件のフィードバック

  1. 『地獄委員長』大好きで、PV化された時は凄く嬉しかった曲です。
    歪んだ正義執行人って雰囲気の委員長は恐ろしいながらも「クラスの平和を守る」という一貫した理由で行動する点に魅力も感じます。
    メロディも歌詞にピッタリで凄くノリノリになれます。

    描かれないからこそ、逆にクラスの皆は委員長のことをどう思ってるのかっていうのも気になりますね。

    • 多分、クラスの皆は「○○ちゃんはこういう子」って何も考えずに受け入れていると思いますよw変とかおかしいとか駄目だっていうのは大人の目線じゃないと分からないですよ、きっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です