丑三つコール

今日、昼間にも更新しましたが多分明日は記事書いている時間、無いと思いますので今夜もう一個書いちゃいます。4の五曲目

「丑三つコール」

このアルバム製作中、長年音源として使っていたシーケンサー「QY21」が壊れてしまいました。探したんですけど中古でもなく、しかたなく一つ上のモデル「QY70」を中古で購入。入っている音がQY21と少し変わっているので不安でしたが、なんとか無事使えるようになりました。このQYシリーズの特徴でパターンというのがあります。様々なジャンルの音楽のパターンが100種類も入っていてコードを入力すれば曲を演奏してくれます。これ、まんま使った事は無いですが店番しながら作っている時メロディに取りあえずのコードをつけたり○○風な曲を作ろうとした時、○○風なパターンを解析したり結構重宝していました。21から70にグレードアップいて入っているパターンも全部変わっていたんですがその中に「テクノポップ」というパターンがありました。

そういえば四つ打ちのテクノって作ったこと無かったなと思い作ってみる事に。パターンを解析してみたんですがなんか物足りない気がしたのでギターとベースをジャキジャキに歪ませてみました。歌詞もせっかくのテクノですから電子的な怪談にしようと思いました。そこで思いついたのが電話系怪談です。電話にまつわる怖い話のお約束を詰め込みましたが、このアルバムのコンセプトはラブソング。愛する人の電話を待ちわびているような雰囲気も入れてみました。なんだか怖いような切ないような不思議なテイストの曲になったと思います。この「私」はどういう境遇の人なのか作った私自身気になりますw

スポンサーリンク

丑三つコール」への2件のフィードバック

  1. 他にも何曲かあるんですが、『丑三つコール』みたいに「本来は恐怖の対象である怪異が救いになる」というのは好きです。

    個人的にはこの曲の「私」は重度の引きこもりなんだろうなと思っています。それもパソコンなんかも使わずに、ずっと真っ暗な部屋の中で布団にくるまっているような。
    電話の相手は悪意を持っているのかもしれないですが、「私」にとっては唯一の救いになっている。
    なんだかとても素敵だなと思います。

    • 人より「人あらざる物」に心開きやすくなっているのは私自身の癖だと思います。 なにも主張しない何も言わない物に勝手に救いや安らぎ求めちゃっているんですから最後までそれらには責任とって好きでいようと思いますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です