空き地のラブソング

さて。4の最後の曲です。

「空き地のラブソング」

これは「落下ガール」と対照的にかなり練りに練った曲です。ずっと同じ所にいる地縛霊。子供の時から見ていて大人になってもいる。なんだか馴染みになっている幽霊っていうイメージが最初にありました。で、今作のコンセプトはラブソング。これは地縛霊に恋した人の曲にするべきだろうと。そうなると子供時代のエピソードから大人になってからまでの事を語る必要があってかなり長い曲になることは予想できました。そんな長い歌詞かけるか不安はありましたが何事も挑戦です。

で、幽霊に恋するってどういうことかと。多分、顔を赤らめて「え、なに言ってんのバカじゃないの」とか幽霊は言いません。恐らくまったくコミュニケーション取れないだろうと思います。3D映像に恋をしてしまったというか。存在する次元が違うんですから。ここらへんの雰囲気は手塚先生のポスターの中の女の子にに恋をしてしまった「風の中のルン」や母親の昔の写真が実体化する映画「さびしんぼう」を参考にしました。なんかこういう本来、恋が発生しない存在の恋っていうのはグッときます。好きなんですねぇw

曲が完成して妻に聴かせたらこっちの思う壺、泣かせる事に成功。自分の勝利を確信しましたw

スポンサーリンク

空き地のラブソング」への4件のフィードバック

  1. いつも楽しくブログ拝見させて頂いております
    先日イキグサレCD購入させて頂き空き地のラブソング号泣しました…
    正に生涯をかけた恋、貫いた愛に大好きな曲になりました

    これからも応援しております!

    • CDご購入ありがとうございます!
      この曲多分、この時点でのイキグサレの集大成になったのではと思っています。私にとっても非常に大切な曲ですw

  2. 改めて歌詞を読み直してみたら深くにも泣いてしまいました。
    一度別れを経験して諦めがついたように振る舞いつつ、40になっても何も変わらなかった恋心。
    マンションの噂話を聞いたときの主人公の心情を想像したら……あ、駄目。また泣いちゃう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です