遺書

どうもです!ついにM3通信が届いてしまいました。M3通信ってのは同人音楽即売会「M3」に当選したサークルに届く通行証明書、その他書類の事です。毎回これが届く頃には曲出来上がっていてジャケットのこと考えている時期なんですが今回、まだ曲出来ていません。やべーぜ。いちおうここでは告知しておきます。来る2018.10月28日。同人音楽即売会「M3]に参加します。第二展示場2階サ-34yです。間に合うかな・・・つって間に合わせるんですけどね!

ハイ曲紹介です!7の七曲目

「遺書」

この曲はパンクをやろうと作った曲です。勢いだけの頭の悪い感じの曲を想定していました。でも合わせる歌詞が思いつかなくて考えていました。

数年前、ワイドショーでたまたま見て印象に残っていたものがあります。とある事件に巻き込まれた方が自殺されたんですがその前に撮ったビデオレターが遺族の意思で公開されてそれが放送されていました。実際その方は亡くなっているんですからリアルもクソも無いんですが、私は何故かそのVTR陳腐なものに見えてしまいました。やはり回っているカメラの前では訓練したアクターでもない限り死を覚悟した人でも思いは表現できないんだなと思いました。

と、言うわけでこの雰囲気を曲にしようと考えました。自死の時の遺書も身内以外にはただの文章で文章力が問われます。何かを訴えたいんだったら表現力が必要です。自分が死ぬ時残す作品なんて自分で出来るわけがありません。文章、映像、音楽舐めるなよって感じです。

スポンサーリンク

遺書」への2件のフィードバック

  1. イキグサレってセリフを喋ることがまず無いので、歌詞の一部だとしても「死にます死にますもう死にまーす♪」はめちゃくちゃ印象的です。わずかですが感情が見える気がするからかもしれないです。

    ちょっと創作をかじってみただけでも、それまで小馬鹿にしてきた作品がいかに凄いものだったかと気付かされますね。今じゃ完成してる小説見るだけで尊敬しちゃいます。
    「継続は力なり」って格言は伊達じゃないですねぇ。
    手書きジャケット(かもしれない)がどういうデザインになるのか、M3楽しみにしてますー。

    • 若い頃知り合った当時高校生ぐらいのギタリストが「俺も死ぬ気になったらスゲエ曲作れるし」ってなこと言っていて違和感と不快感を感じたことがあります。恐らく死ぬ気って言うのもイザ死ぬ時になって発揮されるものではなく何べんも死ぬ気でやって死ぬ気の訓練、修行をしないと駄目なんだろうなーと思います。
      ジャケット、手書きしませんでした!多分私イラスト描くより3D作ったほうが早いと思いますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です