大掃除鬼

お久しぶりです。更新、結構日が開いてしまいました。しかしお陰さまで新作アルバム完成しました!どうにかジャケも出来たので滑り込みですが9月中に告知できてよかったです。後は裏ジャケ含むブックレットの製作です。頑張るぞ。

ハイそれでは曲紹介。7の八曲目

「大掃除鬼」

この曲は過去のイキグサレらしさを再現しようと試みた曲です。「イキグサレ」や「あの手を握って」などの雰囲気を出したいと思い、自身の過去作を参考にするという訳分からない事をやってみました。結果気に入った曲は出来ましたが過去作とは別物のように思えます。やはり創作物ってのは作った時にしかその雰囲気は出せず、雰囲気を再現しようとしても不可能なんだと思いました。まさに一期一会ですね。

歌詞は妻が見せてくれた2chのコピペが元になっています。掃除板にあったコピペらしいんですが「掃除をするとその空間を霊的に支配できる」と言うもの。凄く面白いと感じたのでさっそく歌詞にしました。この歌、除霊の歌だと思っている方もいらっしゃるようですが実は違います。ただ幽霊屋敷、掃除して快適な住居空間を幽霊に提供いているだけです。「それでは皆さんお部屋にお戻りください」って言っているじゃないですか。それで気分爽快になって成仏するのも快適な空間でよりいそう呪いに励むのもその人次第ですw

スポンサーリンク

大掃除鬼」への6件のフィードバック

  1. 山本さん こんばんは!

    なんと!この曲は幽霊さんへ向けての歌だったんですね!
    とても気持ち良く生活できるように掃除して下さるなんて優しいですね(*^^*)

    「大掃除鬼」を聴く度、謎のノスタルジーさに包まれ「あれ、この曲どこかで聞いたような気がする」と、常にその「懐かしさ」が何なのか不思議に思っていました。

    山本さんが過去作の雰囲気を再現したかった、との記述を見て懐かしさの正体が判明しました。
    「雰囲気を再現しようとしても不可能」だとおっしゃっていますが、私にはちゃんと(過去曲の雰囲気が)伝わりました(✿╹◡╹)

    • 雰囲気伝わったようで嬉しいです!
      しかしこのやり方あまりやると「過去作の焼き直しじゃねえか」って言われちゃうのでほどほどにしますw

  2. おおお! イキグサレ12完成の報を見た瞬間、今年もこの時期がやってきたんだと嬉しさで胸がいっぱいになりました!
    試聴してみた感想なんかはBBSに書きますね!

    『大掃除鬼』いい曲ですよねぇ。
    前半の舞台が幽霊屋敷ってことで、きっとホコリだらけ蜘蛛の巣だらけなんでしょうけど、この曲は全体的に清涼感に溢れていて、真っ白く、気持ちの良い印象があります。
    最初のサビ前の「窓を開けるよ~」の部分が特に好きなんですが、暗くジメジメした屋敷の窓が開け放たれて日光や爽やかな風が吹き込むイメージがそう感じさせてくれるのかもしれません。

    • きっと死んだ人も日がさす爽やかで清潔な部屋の方が快適だと思います。幽霊が暗くて湿っぽいのを好むって言うのはイメージの押し付けですよ、きっと!w

  3. 待ってました、イキグサレのファンになるきっかけとなった曲。
    掃除の持つ力はいろいろ聞きますが、人や幽霊だけでなく
    鬼や神様さえ手を出せないとはスケール違う と思ったのが第一印象

    ラストのくだりで、苦痛も悲しみもなくなり、帰りたいところに帰れる
    当たり前なようですが、この世には実際それが叶わない人は少なくないと思います。

    PVでは不要になったお札が舞い散り、カラフルな電飾が飾られた家
    叶わないと思われた帰宅ができたら、その喜びは鬼や神様から与えられる以上のものかもしれませんね。

    • 私、どういうわけかお化けや怪異に肩入れしてしまう癖があって今作も掃除して一方的にお化けを追い出す感じにしたくなかったのでこのような感じにしました。でも呪怨の 伽椰子の家も綺麗に掃除してイルミネーションで飾ったら何かしら 伽椰子に変化が起きるような気がしますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です