影男

昨日納品したばっかなのに一日で通販開始しました!さすがあきばお~こく様、仕事が早い!早く皆様の耳にイキグサレ12届く事を願っています。皆様に聴いていただく事でようやく曲は自分から離れて行きます。早いとこ、曲作りから開放されたいですw

はい、それでは曲紹介。8の最後です。

「影男」

8は暗い不気味な雰囲気で行こうと決めたとき、ラストの曲のアイデアも一緒に出てきました。ラストの曲だけ明るい曲にしようと。暗くジメジメした曲が続いた後で最後にパッと明るくなる。長いトンネルを抜けた時の様な感じをイメージしていたんですがこれはちょっと表現力不足でしたねぇw前の曲たちをもっと気持ち悪くしても良かったような気がします。気持ち悪い曲が好きだと自分では思っていたんですが実は私、かなりのポップ指向なんだと気付きました。とはいえこの「影男」曲自体はかなり気に入っています。

このころ息子が本格的に戦隊にはまりました。というかちゃんとストーリーを追えるようになりました。ついでに一緒に見ていた私と妻もはまって今に至るんですがこのときやっていたのは「トッキュージャー」。小林靖子さんの脚本です。戦隊シリーズのなかでも子供に重点を置いた作品で子供の「イマジネーション」がテーマになっています。これに引っ張られて影男の歌詞は私が子供の頃感じていた怖いものに対する恐怖。それと同等の怖いものに対する愛情。これをテーマにしました。怖いものはやっぱ怖いまんまでいいと思います。ちゃんと責任を持って怖がりましょう。愛情を持ってw

スポンサーリンク

影男」への2件のフィードバック

  1. 「おろし金」級の曲が五個も六個も入っていれば暗くジメジメは成立したと思いますが、なんだかんだでポップな曲も多かったですねw
    「影男」はメロディや歌詞が少し変われば一気にホラーになりそうなんですが、いい塩梅で少年時代のノスタルジーを感じるような雰囲気になっていて好きです。
    大人になるにつれて、影の原理なんか知っちゃうから恐怖が薄れるんですよねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です