ナースコール

現在、午前二時四十分。作業していたらこんな時間です。寝ようと思っても神経高ぶって寝れないので寝酒あおりながら更新しちゃいます。

はい、それでは11最後の曲です。

「ナースコール」

病院系怪談の定番中の定番。誰もいない病室から鳴らされるナースコール。これをネタにしなければこのアルバムは終わらせられません。その他にも死期が近い人にしか見えない死神っぽい黒い影とか子供の霊とか病院怪談のオールスターを揃えてみました。でもこの曲はアルバム最後の曲。最後はやっぱり明るく終わらせたい。これらの怪異でさえ優しくなる状況は・・・と考えて出来上がった曲です。

曲の方も捻くれず明るく爽やかな曲調にしました。このアルバム全体的に捻くれていない素直な曲が多かったように思えます。凝ったこと出来る時間が無かっただけのような気もしますが。それがかえって良かったような気がします。

さて父を介護しながらの生活、数年続く物だと覚悟していたんですが、このアルバムを発表してから一月ほどであっさり亡くなりました。ずっと一緒に暮らしてきた親子ですから様々な感情はありますが私が泣き叫んだり心に傷にならない年齢まで生きていてくれた事には感謝しています。

あ、そうそう死期が近づくと見えないものが見えるのは本当みたいですよ。父も亡くなる一週間前ぐらいから「なんか幻覚みたいのが見えるんだよなぁ」と言っていました。でもそれは怖い黒い影ではなく自分を取り囲む撮影器材だったらしいです。父は学生の頃、演劇部に所属していたらしく最後の最後で俳優の夢叶えたのかもしれません。

スポンサーリンク

ナースコール」への2件のフィードバック

  1. この度は、誠にご愁傷さまでございます。心からお悔やみ申し上げます。

    実は私は介護の仕事をしておりまして、今回制作中のテーマが病院ということで非常に興味深いです。

    直に人に関わる仕事で、私自身大好きな仕事で、仕事そのものに苦痛を感じたりすることは無いです(職員間のトラブルや仕事の量が多すぎて時間が足りないという苦痛はあるかもしれませんがw)
    しかし、やはり、利用者さんとのお別れは非常にメンタルに応えますね。
    慣れる様にはなりません。
    「もっと関わっておけば良かった・・・」とか「もっと楽しく過ごせたら良かったのに・・・」とか色々な事を思いますね。
    私は利用者さん一人一人の限られた時間を大切にして現場にいます。

    蛇足で申し訳ありませんが私、2週間前に原因不明のほとんど意識不明の状態がおよそ2日あったのですが(誰かが常に話しかけてくる感覚はあります)、生き返った時に「あぁ~みんなに迷惑かけてしまった」と生きてる喜びより周囲の人への罪悪感が強かったですね。
    現代社会はそういった社会情勢なのでしょうかね?
    病気や障害を持った人(私です)は常に「誰かに迷惑かけてないだろうか」といつも考えてしまっているのではないのでしょうか。

    ここのブログだけでなく、様々な「生と死」に関するお話を拝見できると、私の仕事の質が高まりそうです。
    そしてなにより、イキグサレを聴くとポジティブに生きてゆけます。

    無理はなさらず、お体に気を付けてください
    応援しております

    長文失礼いたしました・・・返信は不要でございます

    • お久しぶりです!コメントありがとうございます。
      父は自宅で亡くなり私は看取ることが出来ました。これは訪問介護の方が来てくれるお陰で家族だけだったら入院して病院で亡くなっていたと思います。介護のお仕事は本当に大変だと思いますが大勢の方の助けになる凄い仕事だと思います。
      TheSawKidさんもお体に気をつけてイキグサレを聴き続けて下さいw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です