お岩さんロック

殺人猛暑のこの頃、皆さんどうお過ごしでしょうか?私は体調崩し夏風邪です。でもビール飲む元気あるから平気でしょう。はい、というわけで曲紹介、5の一発目

「お岩さんロック」

私は子供のころからお化け好きだったので「口裂け女」や「人面犬」などの都市伝説も娯楽として受け止めていました。しかし一つだけ本気で怖かったものがあります。私と同年代の人は皆そうだと思います。四谷怪談のお岩さんです。名前を口にしただけで呪われる、頭で考えただけで呪われるなんて言われていました。あのルックスも相まって本当に怖かったです。大きくなってから調べて鶴屋南北の完全な創作だと知っても畏怖の念は消えません。江戸時代からずっと貞子が現れるまで幽霊の代名詞であり続けたスーパースターですから。

今回のアルバムのコンセプトは「子供のころ聴いた音楽」。お岩さんは音楽じゃないけど子供のころ怖かった物ってのもアリかなと。そしてなにより実しやかに語られる映画やお芝居の話。四谷怪談やるのならお岩稲荷にお参りしないと祟られるという話。私も日本のホラー作家の端くれなんですから是非「四谷怪談」題材にした曲を作ってお岩稲荷にお参りに行きたかったんです。なんていうかホラー作家になるための登竜門、自分がホラー作家だと宣言するために必要な儀式だと感じていました。

お岩さんをイメージした曲を考えたら何故かロックが出てきて非常に似合っている気がしました。歌詞はお岩さんに憧れている子の話です。曲が出来てから「岩」と「ロック」が掛かっている事に気付きました。

さて妻と赤ん坊だった長男と一緒にお岩稲荷にお参りを済ませたのですが安心は出来ません。なんてったってあのお岩さんとコンタクトとったんですから。まったく何も無いとは思えません。お参りした直後に店舗が空き巣被害にあったり私の財布置き引きされたりしましたが金銭的な損失は祟りとは言いがたく単純に自身の迂闊さでしょう。それを祟りに結びつける事はありませんでした。しかし次の出来事。隣のマンションの住民の方から電話があり飼い猫が家のビルの屋上に飛び降りてしまったという事。私はピョンと飛び降りた猫が戻って来れずニャーニャー鳴いているのを想像しました。屋上に上がってみたら猫の姿は見えません。飼い主の方に聞いてみたら「あ、ここではなく下の・・・」と言います。下と言ったら私の自宅のベランダしかありません。見てみたら黒猫が死んでいました。こんな事ってあるんでしょうか。

死んだ猫は可哀想だったし飼い主の方も目に涙を浮かべていて非常に気の毒でした。しかし私は心の中で「ああ、これで本当に俺はホラー作家になったんだ」と確信していました。

イキグサレ5

はい!今日からはこのアルバムの紹介です!

「イキグサレ5」

前回の4でアルバム全体のコンセプトを最初に決めて作るという方法が上手くいったので、今作も同じようにコンセプトを最初に決めました。今回のコンセプトは「音楽を意識する前に聴いていた音楽」です。ジャンルや楽器なんかまったく意識しないで子供のころ聴いていた音楽。影響を受けたのはキングクリムゾンをはじめとしたプログレやジャズフュージョンですがそれ以前に聴いていた自分のルーツ、子供のころに聞いて未だに頭に残っている音楽。それを再現しようと思いました。正確にはそれを聞いていたときの自分が感じた雰囲気です。

しかし、今回このコンセプトワークは失敗してしまいました。製作中、実生活でこのコンセプトを上回る出来事が起きたからです。一つは長男が生まれた事。生活が大きく変わり私の感覚や考えにも影響があったと思います。そして東日本大震災。さらにニコニコ動画でのイキグサレのプチブレイク。こんな事が立て続けに起きて当初のコンセプト通りに作る事が困難になりました。他に作りたい事が出てきちゃったんです。このアルバムの曲たちも気に入っている曲ばかりなんですが製作当時の出来事が強く印象に残ってしまってします。

空き地のラブソング

さて。4の最後の曲です。

「空き地のラブソング」

これは「落下ガール」と対照的にかなり練りに練った曲です。ずっと同じ所にいる地縛霊。子供の時から見ていて大人になってもいる。なんだか馴染みになっている幽霊っていうイメージが最初にありました。で、今作のコンセプトはラブソング。これは地縛霊に恋した人の曲にするべきだろうと。そうなると子供時代のエピソードから大人になってからまでの事を語る必要があってかなり長い曲になることは予想できました。そんな長い歌詞かけるか不安はありましたが何事も挑戦です。

で、幽霊に恋するってどういうことかと。多分、顔を赤らめて「え、なに言ってんのバカじゃないの」とか幽霊は言いません。恐らくまったくコミュニケーション取れないだろうと思います。3D映像に恋をしてしまったというか。存在する次元が違うんですから。ここらへんの雰囲気は手塚先生のポスターの中の女の子にに恋をしてしまった「風の中のルン」や母親の昔の写真が実体化する映画「さびしんぼう」を参考にしました。なんかこういう本来、恋が発生しない存在の恋っていうのはグッときます。好きなんですねぇw

曲が完成して妻に聴かせたらこっちの思う壺、泣かせる事に成功。自分の勝利を確信しましたw

落下ガール

ようやく子供が寝静まり妻も帰ってきたので晩酌の時間です。飲みながら更新します。4の九曲目

「落下ガール」

この曲はこのアルバムの中で一番最後に出来た曲です。九曲作った時点で本当にネタ切れを起こしまして。いくら考えても何も出てこない状況になりました。仕方が無いのでまったく完成形が見えないまま曲を作り始めました。こういう時って自分の手癖や基本能力がモロに出ます。仕込むネタも無く奇抜なアイデアも無い状態ですからごまかしが利きません。でも手癖っていうのは癖になるくらい自分が好きな要素な訳で師匠が言っていたんですが「適当な部分こそ一番自分が出る部分」。これは事実だと思います。手癖と知識だけで曲をまとめていくといつの間にか凄く自分好みの曲が出来上がっていきます。

歌詞はテーマとして「投身自殺」が出てきましたが、まったく纏まりせん。あとはラブソング。ストーリーがないまま取りあえずメロディにそれらしい単語を当てはめていきます。そうすると不思議な事に最初のフレーズさえ出てくればスルスルとストーリーが紡ぎだされます。曲も歌詞も自分で作ったって感覚は無く本当に自然に出てくるって感覚です。

こういう風に出来た曲は自分にとって凄く新鮮で「俺、こんなの作れるんだ」と思います。かなり気に入っている曲です。

 

祟り神

今週は夏バテなのか更新が滞ってしまいました。ちょっと気合入れなおして頑張っていきます!4THアルバムも大詰めです。八曲目。恐らく一番人気の曲です。

「祟り神」

妻と飲んでいる時、「末代まで祟ってやる」というフレーズがテレビから流れました。すると妻が「末代まで祟るっていい言葉だよね~」と言います。なに言ってんだこいつと聞いてみると「だって末代まで続く事が前提になっているでしょ」との事。なるほどと思いました。結婚しない事や子供を作らない事が選択肢としてある現代では末代や孫の代がある事が前提として行われる呪いや祟りは一種の祝福のようにも思えます。アイデア頂きました。

最初は「祟ろうとしているのに結果的に相手を助けちゃうドジっこ幽霊」というコミカルな物を考えていました。しかしアルバムのコンセプトはラブソング。ちょっと恋愛要素も加えようとしました。「じゃあこの幽霊は憑いてる人が好きで・・・だったら生前は付き合っていたという事にして・・・」なんてやっていたらいつの間にか凄く切ないラブストーリーが出来上がっていました。自分でもビックリです。ラブストーリーなんか作れないと思っていましたからw

曲はストレートにいい曲をつけようと思いました。小手先のテクニックや変化球ではこの歌詞に負けちゃうと考えたからです。かくしてイキグサレでは珍しい捻くれていないストレートなラブソングが出来ました。PV作ったら割りと人気でたのでまたこういう曲作ってみたいのですが、作ろうとすると出来ないんですよね、これが。

繋がリンク

昨日は寝不足が祟って更新できませんでした。ゲームやってたからなんですがね。無職生活も板についてきましたw それはそうと曲紹介、4の七曲目

「繋がリンク」

アルバム通してずっとアップテンポのノリノリの曲だと疲れるし飽きるのでスローな曲というか流れを変える曲が一曲は必要だと思っています。改めて見てみると私のアルバム構成って大体同じです。一曲目はアルバムのコンセプトを色濃く打ち出しなおかつキャッチーな曲を配置して、その流れのまま何曲か。アルバムによって位置はまちまちですが流れを変える曲を一曲配置して、そこから後半戦。エンディングに向かっていく、という流れ。この流れを変える曲って割と重要だと思っていて同じような曲が続いてだれた時、再度集中してもらえるように、レコードだったらA面からB面に変える作業、テレビ番組だったらCM前とCM後のアイキャッチのような役割があると思います。ファーストは「柔道」。セカンドは「奇術ショー」。サードは「あの手を握って」。今回はこれ「繋がリンク」です。

そういう意図で作り始めたのでしっとりとしたスローバラードに仕上げたんですがこういう曲が出来ると捻くれ物の私、エゲツない歌詞付けたくなります。そんなときなにかのメディアで「君は一人じゃない。みんな繋がっている」というよく聞くフレーズを耳にしました。その時「そう、みんな繋がっている。悪意でな!」というアイデアがいきなり出てきました。 それを元に作詞したんですがなんだか自分でも身に覚えがあるような身につまされるような感じの歌詞になりました。私もイライラを人にぶつけない様に気をつけますw

さあ次の曲から怒涛のラブソング波状攻撃です!

ネイルガン

酔っていますがブログ書く時間確保できました!4の六曲目

「ネイルガン」

前回書いたようにこの時、音源変えたんですが新しく入っていた音色に三味線がありまして。これは是非とも使いたいと。お手軽に和風の感じが出せますし、日本的なホラーには持って来いです。普通の和風ロックじゃなんかつまらない気がしたので和風ファンクにしました。ファンクだといつもスラップベースにしてしまうんですが今回はあえてフィンガーベースにしました。もう「蝿の女王」でスラップやってますしね。敬愛して止まないベーシスト、ジャコ・パストリアス風のベースラインでファンキー感を出しました。

純和風のホラーを考えたとき、まだやっていないネタを思いつきました。丑の刻参りです。藁人形に五寸釘打ち付けるアレです。それと同時に暖めていたネタも思い出しました。キング・オブ・ホラー・ウェポンはチェーンソーです。それに匹敵する電動工具ないかなと考えて釘打ち器、ネイルガン。なんとか使えないかなぁと考えていました。この二つのアイデア合体させてバス、バス、バスと効率よく呪いを掛けまくる女の子のアイデアが出来ました。でもそんな大勢の人を呪うほど恨みを持つってのは感情移入出来ないし、職業として呪い屋ってのもリアリティがありません。そこで思いついたのは「こんなんで本当に死ぬのかなぁ」と思いつつ興味本位で呪いをかけている子。無差別呪殺です。無差別大量呪殺ってフレーズは我ながら良く出たなと思っています。

丑三つコール

今日、昼間にも更新しましたが多分明日は記事書いている時間、無いと思いますので今夜もう一個書いちゃいます。4の五曲目

「丑三つコール」

このアルバム製作中、長年音源として使っていたシーケンサー「QY21」が壊れてしまいました。探したんですけど中古でもなく、しかたなく一つ上のモデル「QY70」を中古で購入。入っている音がQY21と少し変わっているので不安でしたが、なんとか無事使えるようになりました。このQYシリーズの特徴でパターンというのがあります。様々なジャンルの音楽のパターンが100種類も入っていてコードを入力すれば曲を演奏してくれます。これ、まんま使った事は無いですが店番しながら作っている時メロディに取りあえずのコードをつけたり○○風な曲を作ろうとした時、○○風なパターンを解析したり結構重宝していました。21から70にグレードアップいて入っているパターンも全部変わっていたんですがその中に「テクノポップ」というパターンがありました。

そういえば四つ打ちのテクノって作ったこと無かったなと思い作ってみる事に。パターンを解析してみたんですがなんか物足りない気がしたのでギターとベースをジャキジャキに歪ませてみました。歌詞もせっかくのテクノですから電子的な怪談にしようと思いました。そこで思いついたのが電話系怪談です。電話にまつわる怖い話のお約束を詰め込みましたが、このアルバムのコンセプトはラブソング。愛する人の電話を待ちわびているような雰囲気も入れてみました。なんだか怖いような切ないような不思議なテイストの曲になったと思います。この「私」はどういう境遇の人なのか作った私自身気になりますw

地獄委員長

最近、妻の仕事が忙しく夜遅くに帰宅します。私は完全に専業主夫のような生活ですが子供二人がHPを激しく削り吸い取ってくれます。でも私は元気です!

曲紹介いきます!4の四曲目

「地獄委員長」

爽やかな曲、ハードな曲、ポップな曲と続いたので今度はソリッドでクールな曲にしようと作り始めました。同時に歌詞も考え始めました。当初考えていたのは「正論や正義を振りかざした過剰な攻撃性」をテーマにしたものです。でもいくら考えても愚痴っぽくユーモアが足りない歌詞になってしまって「このテーマはやめよう」と思ったんですが、散歩中突然思いつきます。「小学校のクラスの話にしよう」と。終わりの会のイジメに等しい吊るし上げや子供ゆえの融通が利かない正義感などテーマにピッタリだと感じました。大人から見ると意味不明で歪んでいるようにも見える子供同士のルールやコミュニティ。ホラー要素も十分です。

曲も小学校を意識させるリコーダーと木琴の音源を使ってみました。これがいい感じにハマってくれてテンションMAX一気に完成まで持っていけました。子供ゆえの残酷さ、見当違いな事を大真面目にしているユーモラスさ、そして恐怖。うまく表現出来たんじゃないかと思っています。

笑いの家

はい!今日から通常営業です!4の三曲目

「笑いの家」

この曲も「ラズベリー・マーマレード・プディング」のようにノリノリのアイドル歌謡作ろうと手をつけました。狙ったのはYMOというか細野晴臣氏が作られたようなアイドルソング。結果は「らんま2/1」のオープニングテーマみたいになってしまいましたがこの曲も好きなので結果オーライです。

妻との会話中、妻の口から「笑いの絶えない家」というフレーズが出てきて、勿論それは幸せな家庭という意味だったんですが作詞モードに入っていた私はすぐに捻くれた事を考えます。「それが狂気の笑いだったらどうだろう」と。それを足がかりに色々考えたんですがやっぱり霊現象、または精神疾患による幻聴という風に落ち着きました。黙ってジーっと立っている幽霊も怖いですがゲラゲラ笑っている幽霊も怖いです。でも映像では「女優霊」ぐらいしかいないんですよね。結構扱いが難しい幽霊なんだと思います。