置き手紙

息子は相変わらずスイッチでyoutube見まくっているんですが家事をしていると聞きなれた声がスイッチから聞こえてきました。「ん?お前ゆっくり実況なんか見てんの?」 「え、なんで知ってんの?」 「検索してはいけないの紹介とか見てたから・・・」 「え?なんでそんなの見てんの」 「だって俺が作ってんの検索してはいけない言葉に登録されているんだもん」 「えー!まじか!」

というやり取りがありまして。せがまれてイキグサレが紹介された動画を見せた所「俺の父親ってすげーヤツだったんだ・・・」と尊敬の念を抱いたようですwありがとう検索してはいけない言葉!

はい、そういうわけで曲紹介!11の六曲目

「置き手紙」

娘を保育園に送った帰り道、突然頭に現れたメロディを元に作った曲です。いつもだったらイントロのメロディをサビに使う時、別のメロディを被せるんですがイントロのメロディそのままサビに使いました。「蝿の女王」以来ですか。よっぽどこのメロディ気に入ったようです。

歌詞は最初「家に帰ってきたら意味不明のメモ書きがテーブルに置いてある」という怪談からスタート。一人暮らしなのにテーブルの上に「冷蔵庫の○○暖めて食べてね」とか「11時には帰ります」なんて書かれているメモ置いてあったらメッチャ怖いじゃないですか。そんなのを考えていたんですがこのアルバム製作時、なんか心霊話作る気分じゃなかったんです。いつも以上に霊的な物に感情移入というか悪者にしたくない気分でした。そこで立場を逆転して霊に手紙を置いていくというのを思いつきました。そこからはひたすらお化けに感謝の手紙を置いていくシチュエーションを考えて歌詞を組み立てました。

この曲の幽霊、無害で同居者に寛大なところ「抱き枕」の幽霊に似てるなぁと思いました。もし同一幽霊だったら惚れちゃうなぁw

餓鬼ドーナツ

あきばお~こく様からイキグサレ8と11の追加受注を受けました。本当に有り難い事です。秋葉原に行ってCD-Rやプリンターインク買って来ました。過去作はデータ紛失などの決定的なトラブルが起きない限り廃盤にはしませんので、もし売り切れていても少々お待ちください。よろしくお願いします。

それでは曲紹介。11の五曲目

「餓鬼ドーナツ」

そろそろ違う雰囲気の曲が欲しいなと思い、イキグサレでは定番ですね。ファンクをやろうと作り始めました。前にも書きましたが私はファンクには子供っぽい(幼稚や稚拙という意味ではなく)イメージがあります。ですから歌詞の方も子供っぽいものを考え始めました。

姉が持っていた絵本で「おばけちゃん」というのがありまして幼少の私はそれが大好きで未だに内容覚えています。その絵本で深夜になるとレストランに忍び込んでエビフライのしっぽやカステラのベタベタしたところをつまみ食いするというシーンがありまして、それを元につまみ食いする幽霊を思いつきました。で、死んでからも食欲があるってそれは仏教で言う六道輪廻の餓鬼道じゃないのかと。イメージは纏まりました。

曲も出来て歌詞も出来て後は録音ってなって困った事に。自分で作ったベースラインが難しすぎて弾けませんでしたw久しぶりに頑張って楽器練習しました。

 

星空のデート

今週は妻が仕事忙しくて帰ってくるのは子供が寝た後。ですからずっと家事&子供のお世話をしていました。あ~たまには飲みに行きてー。誰か誘ってください。

さてさて曲紹介です!11の四曲目

「星空のデート」

この曲もなんのイメージも方向性も無いまま作り始めた曲です。仕事の用事やちょっとした買い物で数十分歩いていたときに捻り出したメロディを元にしています。作っている途中で挑戦って言うほどの事ではないんですが、いつもと違うことをしようと思いつきました。普段だったら「ここは転調だろ」という部分であえて転調せずに素直でストレートなコード進行にしてみました。イキグサレらしくない素直な曲になったと思います。

じゃあ歌詞も捻くれていない物を題材にするかと普段だったら絶対チョイスしないシチュエーション、「星空の大きさを見て自分の悩みの小ささを知る」って物にしました。世間では良くあるこのシチュエーション。私はあまりピンと来ません。宇宙にまで思考を広げなくても自身の取るに足りなさなんていくらでも感じられるからです。私、「ここでもしおしっこを漏らしたら」というシミュレーションを良くしていました。学校とか会社だったらその後の学園生活、会社生活が苦痛なものになるかもしれませんが幸い私は学校も会社も行っていません。大体の場合、そそくさと家に帰りズボンとパンツ変えるだけです。「ズボン、ビチョビチョのやつがいたぞ」と誰かにネタを提供するぐらいです。友人や親族との場合も大笑いされて終わりでしょう。大の大人がおしっこ漏らしてもその程度なんですよ。大抵の事は恥ずかしくないし小さな事です。

そんな感じで歌詞を作っていったんですが自分でも思いのよらない物が出来上がりました。かなり気に入った歌詞になりました。

一人の秘密基地

どうもです!このブログはワードプレスっていうソフト使って書いています。今日なんとなく更新してみたら編集画面が大幅に変わってしまい、もはや別のソフトのよう。使い方さっぱり分からなくなってしまったので慌てて前バージョンの編集画面が使えるプラグイン入れました。おかげでエラく時間取られました。まったくもう!

はい怒りのまま曲紹介です!11の三曲目

「一人の秘密基地」

前の曲がバトル物意識した曲だったので次の曲は爽やかな感じにしようと、なにもイメージ無いまま作り始めました。歌詞も同時進行で作り始めたんですがイメージとして出てきたのはビルの隙間にポツンといる少女。「ビルの隙間」というイメージはイキグサレ8通してのコンセプトとして使用済みなので時間があったら没にしていたアイデアですが今回時間がありません。少女に期待して強行突破ですw

そのビジュアルイメージにお話を付けていくんですが最初は「ビルの隙間に引きずり込んで自身は成仏。犠牲者が新たな地縛霊になる」という良くあるパターンのお話を思いつきました。でもなんか違う。ビルの隙間って私にとって怖い所じゃない。ワクワクする所。ちょっとした冒険心をくすぐられる場所です。それで思いつきました。秘密基地の曲にしようと。

秘密基地にいる子供の霊という体で歌詞を組み立てていたんですが途中から別の解釈も現れてきました。幸せだった幼少期を忘れられない女性、秘密基地があった場所に今でもいる大人。両方、どっちでも取れるようにしてみました。

キリコロス

今日は三連休最後ということで家族で区民プールに行きました。温水プールとはいえ冬場は人が少なく実に快適。しかしちょっと泳いだだけで体が悲鳴を上げています。体の鈍り具合がヤバイです。

それでは曲紹介。11の二曲目

「キリコロス」

私、時々独り言でボソッと「ぶっ殺してやる」とか「ふざけんな」とか不穏な言葉が無意識に出てしまうことがあります。非常に良くない癖だと思うんですが、このとき何故かいつもと違う「斬り殺す」という言葉が出てきまして。自分がこんな言葉を無意識に発したなんてビックリで可笑しくて。一人でニヤニヤしてしまいました。そして「斬り殺す」という言葉、口に出し見ると実に語感がいい。カタカナで「キリコロス」と表記してみるとなんだか怪人や怪獣、ロボットの名前のように思えてくる。曲のアイデアに採用しました。

まんま「斬り殺す」という意味だけでは面白くないと思ったので別の意味を持たせる事に。字面を見て思いついたのはキリギリスやコウロギ、コロギスのキメラの生物。といっても全部バッタ系なので怪物感はありません。なので「斬る」っていうことでカマキリも混ぜました。バッタの怪物、怪人と言えばやっぱり仮面ライダーでしょう。イメージが纏まりました。曲の方もバトル音楽っぽくしたくなりました。歌詞も上手く落とせたと思っています。このキリコロスというキャラクター結構気に入ってデザインしてモデル作って裏ジャケに登場してもらいました。またいつかの機会に登場させたいですw

旅する部屋

「このブログいままで、どんな事書いてきたっけ?」と妙に気になり最初から読み返してみました。全部読み返すと結構な時間かかりました。内容はともかく量は充実してきましたねぇ。

はい曲紹介です。11の一曲目

「旅する部屋」

今回はとにかく時間の余裕がなく、構成やコンセプト練ったりアイデア降りてくるのを待ったりすることが出来ません。ですから思いついた物はすぐ試して、何も出てこなくても無理やり捻り出すという強行手段での製作です。曲順を考えている暇もなさそうなので一曲目から順番に作っていく事にしました。まず一曲目はイキグサレらしいイキグサレ節の曲にしようとイントロのメロディーを捻り出しました。それを足がかりに曲を組み立てていきました。

歌詞は恐らくなにかで見たことがあると思うのですがドアや窓をあけるとそこに巨大な顔があるというビジュアルイメージ。それで行こうと決めました。でもその怪異、そのままでは移動能力がありません。ただビックリするだけでその場を離れてしまえば脅威はありません。それでは面白くないので移動能力つけたくなりました。そこで思いついたのがコンテナです。船や鉄道で移動するコンテナ。それに霊が憑いているのを考えました。調べてみたらコンテナハウスつってコンテナを部屋として使っているのを見つけました。じゃあいわゆる「出る部屋」が丸ごとコンテナに入っていて船や鉄道で移動していたら?時間が無い割には面白いアイデア出せたと思います。

イキグサレ11

最近、息子はニンテンドースイッチでyoutube見まくっているんですがその影響か「サイコパスってなに?」とか「モタ男ってパソコンで調べるとどうなるの?」とか聞いてきます。さすが俺の息子、頼もしい。あ、ちなみにモタ男ってのは有名な検索してはいけない言葉なので検索しないほうがいいです。初見では私もそれなりにダメージ受けましたw

もう最新作から一つ前のアルバムの紹介です。本当にもう少しで曲紹介終わっちゃいますねぇ。次はなに書けばいいんだろ?先のこと心配してもしょうがないので行っちゃいます!

「イキグサレ11」

イキグサレ9製作の時、製作期間を二ヶ月と決めて自分を追い詰める実験をしてみたんですが今作は深刻に製作時間作れなくて意図せず追い込まれてしまいました。父の体調が悪化したためです。この年の前半はほぼ毎月、救急車に乗っていました。最後の方は私も慣れっこになっていましたw医師から延命処置をするか否かの判断を迫られたり、なんだか度胸試しのようなイベントが盛り沢山。後半になると父は自力で立ち上がるのも難しくなり高齢な母に介護させる訳にもいかず私が担当する事に。子供二人分のオムツのお世話をしてきた事が役に立ちました。私、排泄物に対する抵抗力、人生で最大になったと思います。子供たちは相変わらず自由気ままに暴れているし妻は仕事が忙しく終電近くまで帰って来れない。私にも自分の仕事あります。そんな感じで曲なんか作っている状況じゃなかったんですが私の重要な趣味ですからねぇ。こんな状況でも作れる事が分かって妙な自信がつきました。

そんなですから店番中に無理やり捻り出したり子供の保育園の送り迎え中に考えたり父の入院中の病院に向かう途中で思いついたりした曲ばかりなのですが何故か良い曲が出来たと思います。まだ完成してから日が浅いので自身で評価できないんですが2,4,7に並ぶ名盤になるポテンシャルあるような気がします。

コトリバコ

今日は家族で仮面ライダーの映画見に行きました。三日には妖怪ウォッチの明日には冬休み最後ということでドラゴンボールの映画見に行かされます。どれも嫌いじゃないし映画館で映像作品見れるのは嬉しいんですが、そろそろ自分が見たい映画見に行きたいです。

はい曲紹介!10最後の曲です。

「コトリバコ」

この頃、息子の歯が抜け始めました。その抜けた歯を妻が大切に保管しているんですが、抜けた歯は「上の歯は屋根に下の歯は縁の下に投げる」と聞いていて屋根も縁の下も無かった私の家では抜けた歯なんてゴミ箱に直行でした。ですから歯を取っておくなんて考えもしなかったです。妻に「本当に抜けた歯なんか取っとくの?」と聞いたら子供用品のカタログを見せられました。そこには歯や髪の毛を保存しておく専用のケースが売られていました。なんか私「コトリバコみてぇだな」と思いました。

コトリバコ。「洒落にならない死ぬほど怖い話」で有名な恐らく創作怪談です。八尺様やくねくねと並んで殿堂入り、怪談のスタンダードになっている話です。細かい話は皆さん各自検索して読んでいただくとして、とにかく呪いの箱があり、その中には髪の毛や歯や爪が入っているんです。これによく似ていると思いました。妻が私にナイショで子供の歯や髪を保存していて私がそれを見つけたら絶対、誰かに呪いをかけていると勘違いするでしょう。でもそれは実は母親の愛情で出来ている物。アイデア頂きました。

有名怪談の名を冠するのですから曲の方もオドロオドロしく禍々しくしてみました。でも実は親の愛情が詰まった箱だと判明してから一気に明るい曲調にしてみたんですが、これは8のとき出来なかった「トンネルを抜けたような」感じが出来たんじゃないかと思います。親子のわだかまりが氷解していくようなそんな感じが出ていれば良いのですが。

使い魔の家

今日は妻が仕事始め&新年会。しかし子供が二人ともまだ休みで一日中子供の相手です。さすがに疲れちゃうんで区民センターの貸しスタジオにいってドラムで遊ばせる事に。しかしドラムを前にすると私も叩きたくなって調子に乗って子供と一緒にドカドカ叩いてしまいました。結果酷く疲れています。

はい曲紹介です!10の九曲目

「使い魔の家」

ラスト一曲前の曲です。ラストの曲は映像作品でいえばエンディング。となると一曲前のポジションはアルバムのクライマックスを担う曲になります。ですから毎回、ノリが良い盛り上がる曲を割り当てているんですが今回、いつもと違うパターンにしてみたくなりまして。ラストの曲を爽やか系じゃなく不気味系にしてみようと。そうなると一曲前の曲も雰囲気が変わってきます。考えた結果ノホホンとしたゆるい感じの曲になりました。

歌詞の最初のアイデアはお正月、一人暮らしの人の所に裏山から狸や狐や天狗や河童が降りてきて宴会始めるというもの。お話としては面白いものが出来そうな予感がしたんですが、ちょっとアニメ、漫画的すぎてイキグサレっぽくないなと思いました。もうちょっと現実的にしたくてスケールダウン、やってくるのは妖怪じゃなくて動物にしてみました。まあ、やってくる狸は腹鼓打つし狐は頭に葉っぱ乗せているんですがw

お皿戦争

あけましておめでとうございます!年末はずっと大掃除、昨日は妻の実家にごあいさつ。今日は姉ちゃんが来るので正月といえ自分の時間がありません!なので昼間更新しちゃいます。

曲紹介、10の八曲目

「お皿戦争」

私、ベース歴結構長いんですがまったく練習してこなかったものがあります。ピック奏法です。実はギターもバッキングは爪で弾いています。出来ない事はなんだか魅力的に思えてきます。キレのある金属的な音。挑戦してみることにしました。結果、ちょっと攻撃的な曲になりました。

攻撃的な曲ということで歌詞の方も攻撃的にしたいと思ったんですが、残っていたネタは「番町皿屋敷」のお菊さん。お岩さんに続く有名幽霊ですがこの曲に使うにはイメージが離れすぎています。どうしようかと考えていたらあるアイデアが出てきました。攻撃的ってなにも加害者や脅威だけのものじゃない。被害者や迎え撃つ側の攻撃もあるなと。ゾンビ映画でゾンビ撃退するのに極端な暴力でゾンビバラバラにするシーンがあります。そのように幽霊に圧倒的で暴力的な反撃を試みる話を思いつきました。反撃のきっかけになるお皿はお菊さんのイメージが残っています。現代的な「班長皿屋敷」のパロディが出来たような気がします。