動画「ミニライブ!」解説

どうもです!細心の注意をしていますが妻は平日は出勤しています。土日は妻が居てくれるのでかろうじて曜日感覚失わずにいます。

今回の動画紹介です!「ミニライブ!」

この動画はいつものクリスマス動画として考えていたのですが、なんかもういつもと違うスペシャルな物が全然思いつかなくて。こりゃあかん、もう駄目だとなっていました。しかしこの時期、ご要望というかリクエストというか「イキグサレをリメイクして下さい」とういうご意見が結構ありまして。「もうこれにしちゃおうかなぁ」と心揺らいだのですが「いやいや!駄目だろ!」と葛藤していました。

一度公開した作品を作り直すのに私は抵抗があります。いくら稚拙で下手であってもその時は「コレでよし!」と判断したから公開した訳でそれを後から作り直してもOKってなっちゃったら前作の否定になるし一発勝負の場なのに後出しジャンケンみたいになっちゃうと思うからです。たしかに処女作のイキグサレは稚拙で下手でしょう。しかし、だからこそその時しかない雰囲気があると自負しています。ただ単純にMMDでイキグサレリメイクすればいいって訳じゃないと強く感じていました。

しかしクリスマスはドンドン近づいてきます。スペシャルかつみんなに喜んでもらえるものは~!って悩んでいたら急にポンっと出て来ました。ライブはどうだろう。ライブって事ならば過去曲やってもいいし!スペシャルだし!いいじゃん!いいじゃん!って感じで構成練り始めたんですが一曲目「生霊」ラスト「イキグサレ」はすんなり決まりましたが真ん中の曲が決まらない。丁度そのとき同人音楽即売会M3がありましてその打ち上げでAGさん〈この時点で私と接点がある唯一のイキグサレファンで全アルバム全曲精通している人物でした)にした相談しました。そうしたら「う~ん、マコちゃんなんてどうですか?」と。なんかもうね、俺以上にイキグサレ分かってんなと!ファンってスゲエなってなりました。

と、作るもの決まっても三曲振り付けするのは難しく公開はクリスマスどころか二月になってしまいました。でも、ライブ形式をとったことでイキグサレが皆様にモニター越しから一歩踏み込む事が出来たような気がしています。


 

動画「大掃除鬼」解説

どうもです!緊急事態宣言が発令されて子供と自宅に閉じこもっている生活です。私自身も子供たちも自由に行動できないストレスでイライラしちゃうんじゃないかなーと思っていましたが、まったくそんな事は無く自宅内の自由を満喫しております。ゲームやお絵かき、工作、おもちゃで遊びまくりで「このまま学校五月もなくならねぇかな」なんて言っております。私もイキグサレ活動できる時間が増えていつも以上に心が安定しています。すぐに勃発する兄妹ケンカには疲弊しますがこの非常事態、楽しんで乗り越える事が出来そうです!

それでは今回の動画紹介!「大掃除鬼」です!

前回「あの手を握って」で挑戦したステージ制作。見事失敗に終わったのですが懲りずに今回も挑戦です。今回のミッションは家作り。背景の建築物を一から制作してみました。「鋸引き」の背景のような幻想的な建物ではなく生活感ある家を作ろうと。となると家が登場するイキグサレの曲といえばこの曲です。「お化け屋敷を掃除する」って曲ですから衣装もすんなりメイド服に決まりました。

呪怨の呪いの家をイメージして家は完成したのですがそのまま平地にポンと配置しても全く雰囲気が出ません。そこで「空色町」という町モデルを拝借して町外れの丘に配置したらグッといい感じになりました。

衣装の定番中の定番メイド服ですがやはり今風だとメイド喫茶っぽいミニスカートでフリフリの感じが多くこの曲やイキグサレに合わない気がしました。そこでシックな古めかしいメイド服にしました。掃除の曲ということで箒を持たせるアイデア出ましたが三人同じ物持っているんじゃ面白くないという事で掃除機とルンバも用意。箒やルンバは持たせても問題なかったんですが掃除機。これはすごく苦労しました。本体と先を作り両手に持たせるまではいいのですがそれをつなぐホース部分。かなりフレキシブルに動かなければなりません。アクセサリとして作った物は動かせないのでボーンを仕込んだホースのモデルを制作。ポーズごとに破綻しないようにグネグネ動かして制作しました。

作っている間も「せっかく箒持っているんだから空飛ばそう」とか「お札が剥がれて中に舞う」とか色々アイデア出て来て止せばいいのに全部やりました。結構大変でしたが「ルンバに乗って空を飛ぶ」なんてアイデアありそうで見たこと無かったし、お化け屋敷のお札が剥がれてイルミネーションが飾り付けられるなんてシーンもアドリブで作った割にはいいモノが作れたという満足感がありました。ちなみにお札には無荒神社と書かれていますw

動画「あの手を握って」解説

どうもです!とうとう緊急事態宣言が出てしまいましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか?こちらは子供がずっと家に居るだけなのでさほど影響は無いと思います。しかしもし今でも店舗やっていたら金銭的、心理的にかなりのダメージがあったでしょう。その点は幸運だったなと思います。

こんな状況の中、イキグサレ新企画を動かそうと画策しております。まだ皆様にお伝えできるような段階ではないので企画の内容は伏せておきますwとりあえず宣伝も兼ねてツイッターでイキグサレ公式アカウントを制作しました。どうなるかと思いましたが作ってみたらグッと実在のアイドルっぽさが出たような気がします。

イキグサレ公式アカウント

それでは今回の動画紹介!「あの手を握って」です!

モデルやアクセサリの制作もだいぶ慣れて来ました。そこで今回は一からステージを自作してみようと作り始めました。いままで自作のステージはただの箱やシンプルすぎるステージばかりでしたからねぇ。ちょっといかしたステージ目指しました。

ちょうどこの頃、妻と美術館に「アールデコ展」を見にいったので影響受けまくり。アールデコ調の雰囲気出そうとしたのですが技術不足と私のシンプルなデザインを好む性質が悪く作用したように思います。しかし窓枠のデザインと手形バーン!のギミックはとても気に入っていますw

この曲が収録されている「イキグサレ3」は全体を通して昭和アイドル歌謡を意識しています。なかでも「あの手を握って」は強くキャンディーズを意識して作曲しました。(出来上がりはキャンディーズの見る影もないですがw)ですから衣装も昭和アイドルっぽくダサさと可愛さが混在しているようにデザインしました。スカート部分のボーン仕込みは結構苦労したのですが実際動かしてみるとなんだかモビルスーツのスカートのよう。今回失敗したかなーと思っていたのですが「妖精さんみたい!」とのコメントを頂いて凄く救われましたw

動画「鋸引き」解説

どうもです!今日で娘の保育園への登園は終了です。長男、含めて長かった保育園生活も終わりです。これで私の重要な仕事の一つ、子供の送り迎えも無くなりました!いえーい!明日からは寝坊しても子供に怒られません。しかしこのご時勢。ずっと息子と家にいるのにも疲れてきた所。この生活に娘も加わるのかぁといささか心配ではありますw

では今回の動画紹介!記念すべきイキグサレのデビュー曲「鋸引き」です!

これを制作した頃、一つ不安がありました。デビューアルバム「イキグサレ」の事です。イキグサレの方向性が定まっていない状況で制作したアルバム。私自身は思い入れのある曲ばかりで凄く大切なアルバムなのですが2以降のアルバムとは大きくテイストが違います。なんだかこのままでは私の中で腫れ物を扱うような無かった事にしてしまいそうな感じがして来ました。そこで急遽、ファーストアルバム「イキグサレ」からMVを作ろうと。だったらデビュー曲「鋸引き」しかないだろう!と制作はじめました。

この曲、二十代の頃作った曲でアイドル路線なんか全く頭にありませんでしたから歌詞は陰惨な単語ばかりですwそこで今のイキグサレに合わせるため拘束された衣装を思いつきました。ならばもう映画の精神病院で使われる拘束衣しかありません。ついでにクッションで囲まれた病室も制作しました。このミニ拘束衣、足フェチの私とても気に入っております。

しかしこの曲サビでたまった鬱憤を爆発させます。拘束されたままでは駄目です。そこで「落下ガール」でも使った衣装の色違いにしました。この制服風の衣装は元々ファーストアルバムのジャケット用にデザインした物です。後の建物は福岡にある志免鉱業所竪坑櫓をモデルに狂気感ある建物をデザインしました。

今回は映像作品的なアプローチしていなかったのですが見返してみるとちゃんと映像作品している気がします。いや今までで一番映像作品しているとさえ思えてきます。作っていればこんな「たまに」や「まぐれ」みたいなことも起きるんですねえw

動画「妖怪サンタ」解説

どうもです!最近やる気やアイデアが出なくて「コロナのせいで子供がずっと家にいるからかなー」なんて思っていたんですがそれだけではないようです。どうやら年に数回起きる現象、サボり癖の発動です。エアポケットに入ってしまったように凪につかまってしまったようになにもやる気が起きません。去年はこれを回避するために月一動画なんてやっていましたがやめたとたんにこの体たらくです。トホホ。

この状態を打破するのは「とにかく何でもいいから作る」しかありません。動き始めないと泳ぐのを止めた回遊魚のように沈むのみです!

では今回の動画紹介です!「妖怪サンタ」

毎年恒例のクリスマス動画、今回はひねらずそのままイキグサレ唯一のクリスマスソング「妖怪サンタ」にしました。衣装も「イキグサレ6」の裏ジャケのサンタ衣装です。映像作品を意識してあれこれ試行錯誤していましたが原点に返ってシンプルなステージでダンスをメインにした動画です。

とはいってもひねくれ者の私。いつもと違う要素は入れたい。そこで過去作に登場したキャラクターをいっぱいバックダンサーとして登場させるアイデアが出て来ました。イメージはゲーム「スペースチャンネル5」です。段々人数が増えていって最後は大勢で踊る。実に華やかでクリスマスらしいと思ったんですが作ってみたら沢山の妖怪が踊る地獄絵図になってしまいました。私は妖怪、人外に愛着があるのでそれでも華やかで楽しいと思っているのですが、いかがでしょうか?w

 

動画「メドレー 踏切音頭~無荒様」解説

どうもです!先週の金曜日、娘の卒園式でした。その後、子供や保護者の方たちと皆で飲んでいました。自宅に帰ってから息子の自転車をいつものように二階の倉庫にしまおうと自転車かついで階段登った所、足を滑らせ自転車ごと階段転げ落ちてしまいました。頭から「マジか!」というぐらい血が出て背中と腰が痛くて動けません。妻はパニック!人生初めての救急車搬送です。骨折ぐらいいったかなぁ~と思ったらただの打ち身と頭部の裂傷だけでした。翌日から体中痛いけど家事できましたし。我ながらなんて頑丈なんだ!と呆れてしまいましたw

という訳で動画紹介!始めて複数の曲で作った動画です。

「メドレー 踏切音頭~無荒様」

衣装デザインにもだいぶ慣れてきて「次はどんな格好させようかなー」なんて考える余裕が出てきた頃です。子供たちの浴衣を買いに行ったとき「あ、イキグサレにも浴衣着せよう」と思いつきました。となったら曲は盆踊り風の曲。踏切音頭で決定したのですがもう一つ盆踊りをテーマにした曲がありました。「無荒様」です。

モロ盆踊り風な「踏切音頭」もいいしクトゥルフ神話の怪物いっぱい登場させられる「無荒様」も捨てがたい。ウーンと悩んでいたんですが「盆踊り大会なんだから二曲やっても問題ないだろ!」ということでメドレーという形にしました。この時のアイデアがなかったらこれ以降のライブ動画も無かったと思います。今思うと結構重要な決断でした。

この動画のもう一つの主役は「無荒様」ことニャルラトテップでしょう。女性的なデザインの異形は前からアイデアがあってウルトラセブンのメトロン星人やボーグ星人やベル星人。なんだか女性的だなと思っていて女性版のデザイン考えていたりしていました。そのとき考えた異形なのにセクシーな人外というアイデアを使いました。原作でもニャルラトテップって紳士的でカッコいいイメージですからw

浴衣のモデリングはかなり苦労しました。裾にボーンをいっぱい仕込んでなんとか破綻しないように出来ました。「踏切音頭」から「無荒様」に曲が変わってダンスの雰囲気が変わったときニコニコで「足!」「足が!」とコメント沢山いただけた事で苦労の甲斐があったとガッツポーズをとらずにはいられませんでした!

動画「亡霊軍艦」解説

どうもです!このところ確定申告や禁煙、コロナウイルスによる子供の休校などを理由にしてイキグサレ活動サボり気味です。そろそろ腰を入れて活動再開しないと!

今回の動画紹介はコレです。「亡霊軍艦」

「赤い服の女」でただ歌い踊るだけではなく映像作品としてのPV作りを意識し始めました。前回はJホラーを意識した作品。実は前作作っている最中から次回作の構想は出来ていました。次は特撮映画やろうと。それも私が大好きなゴジラをはじめとする昭和東宝特撮を!そうなればこの曲しかありません。

私、兵器のことは全くしらず戦艦も大和くらいしか知りませんでした。この曲作るとき戦艦のことを調べたのですが大和や武蔵は当時、軍事機密で庶民は知らなかったそうです。一般庶民に馴染み無い戦艦ではこの曲のイメージに合わないと思いました。そこで一般庶民に親しまれていた戦艦を調べたら戦艦「長門」を見つけました。この長門、戦時下では大破せず戦後唯一の航行可能な戦艦だったそうです。戦後アメリカ軍に接収され核実験の標的とされました。それでも二回の実験に耐え沈没しなかったそうです。二回目の実験の四日後の朝、軍関係者が確認すると長門の姿は消えていたということです。

これはもう曲のイメージ通りということで亡霊軍艦は長門ですw。MMDには兵器や戦艦のアクセサリいっぱいあるので戦艦長門もすぐ見つかりました。そして曲に敵として登場する海の怪異。これは作っていて凄く楽しかった!お化けや怪獣は私の得意分野だと思います。ただUボートだけはイメージ通りの物が無く苦労しました。ネットで三面図を発見してそれを元に自分でモデリングしました。

ダンスは兵隊さんの行進をイメージして振り付けしました。この時始めて海軍と陸軍で敬礼が番うことを知りました。

衣装は旧日本軍の海軍の制服をそのまま着せています。ちょっと前だったら可愛くアレンジしていたかもしれませんが「イキグサレは何着せても似合う」と気付いてしまいましたからね~。もう怖い物無しですw

動画「赤い服の女」解説

どうもです!一度挫けてしまいましたが再度禁煙しています。そろそろ一週間立つんですが相変わらず禁断症状キツイ!なかなか本格的に作業始められる状態になりません。

はい、それでは今回の動画解説!「赤い服の女」です。

MMDにも慣れてきてそろそろPV然としたものではなく映像作品っぽいものを作りたくなって来ました。そこで「イキグサレ3」のオープニングナンバー「赤い服の女」をチョイス。「イキグサレ3」はアルバム通して黎明期のJホラーを意識いたアルバムです。とくに「赤い服の女」は小中千昭先生や黒澤清監督の作品に度々登場するモチーフを私なりに解釈、制作した曲です。映像を意識した作品にはピッタリだと思いました。

そしてこの動画語る上で外せないのはステージ。お借りした「ケロリン町」ステージです。MMD調べて色々なアクセサリやステージ見つけたのですがまさか町丸ごと作られたステージがあるとは!特にこの「ケロリン町」。寂れた感じや怪しい感じがプンプンでいつか絶対使いたいと思っていました。使うのならば町全体を使いたいと考えステージから構想を練っていきました。

その魅力的なステージに現れる怪異「赤い服の女」。イメージは前述の映画作品に登場した幽霊そのものなのですがモデリングするとなると結構悩みました。美人なのに怖くなくてはならず私の技術では制作不可能です。「幽霊 美人」などで画像検索してもどうもピンと来ない。そんな時ふと思い出しました。当時ブラクラとかドッキリとか言われていた有名な画像。それにやけに綺麗な幽霊風な画像があったぞと。調べたらありました。台湾の方が制作されたhikaruという画像らしいです。それをテクスチャーとして顔に張ってみたらビンゴ!イメージ通りの怪異が出来ました。「赤い服の女」私凄く気に入っていまして何回も動画に登場させています。ファンの方から四人目のメンバー四号と言われていますw

この動画で始めて動画用の衣装をデザインしました。みんなで赤い服を着ています。ちょっとフォーマルよりの大人っぽい衣装。ここらへんで「もしかしてイキグサレってなんでも似合う?」と思い始めましたw

動画「夢電車」解説

どうもです!お上からのお達しで学校がお休みになってしまいましたねぇ。家は私がずっと家に居る事が出来るのでこの事態に対応出来ますが完全に共働きの方たちは本当に大変だと思います。とは言え一ヵ月近く息子と二人で何して過ごすかすでに頭を悩ませています。お出かけする訳に行きませんし。

はい!それはそれとして今回の動画はコレ!「夢電車」です。

前々回の「祟り神」でただ踊るだけではなく心情や物語を表現できる可能性をMMDに見つけました。今回はダンスを封印して歌詞のストーリーを追った動画を作ってみようと思いました。しかしいきなりイキグサレ達に演技させたりセットを組んだり出来ません。そこで紙芝居風の動画にしようとアイデアが出て来ました。紙芝居風ということなら「みんなのうた」や「おかあさんといっしょ」で流れてもおかしくない曲がいいということで「夢電車」に決定しました。

紙芝居っぽくということで割りと簡単に出来るんじゃないかなと思っていたんですが作り始めてみたら、まぁー面倒臭い事w 延々と続く線路をどうやって表現しようとか、電車と一緒にガタンゴトンと揺らすのにどうしたらいいかとか、空間に現れるワープホール、それに出入りするのどうやって作るかとか。なんか映画の特技監督になった気分で面倒臭かったですが楽しかったです!そして振り付けより短時間で動画は完成しました。やはり振り付けは本当に難しいですw

衣装はイキグサレではお馴染みのいつもの衣装です。ただいつも通りだと電車に座らせたらパンツ丸見えになっていまいましたのでスカートの裾にボーンを仕込んだりなんだか妙に手こずりました。

動画「クモちゃん地獄」解説

どうもです!先週は子供が二人とも胃腸炎にかかってしまいずっとお世話をしていたんですが後半、私も胃腸炎もらってしまいトイレでウンウン唸っていました。三連休胃腸炎は回復した物の息子が風邪から喘息になってしまい一瞬「コロナか!?」と緊張しましたが病院に行ったらいつもの喘息でした。喘息も十分気をつける必要はありますがとりあえず一安心です。

はい!それでは動画紹介。今回はこの曲「クモちゃん地獄」です!

「スーパーZ指定ガール」をアップしたのがたまたま12月25日で「クリスマスプレゼントですね!」というコメントを沢山頂きました。なんだかとても嬉しかったので今年もクリスマスあわせて動画アップしようと作り始めた動画です。

クリスマスという事で華やかで楽しげな曲にしようとこの曲を選びました。この曲は「イキグサレ5」の最後の曲、ラストナンバーです。各アルバムのラストナンバーはやはり思い入れがあって出来ればアルバムで聴いていただきたいという思いがあります。ですからあえて動画の選曲から外していたのですがクリスマスに相応しい曲と考えた所、これしか思いつきませんでしたw

振り付けはやっぱり曲調通りイキグサレ達にチャールストンを躍らせたくなりネットでダンス講座などの動画を調べてそれっぽくなるように作りました。調べていると男女ペアで踊る動画があり、やめればいいのに再現したくなりました。そこで急遽ジョロウグモをモデリングしてペアダンス挑戦したのですが、いやはや思いつきで何かやるのはもっと慎重にするべきだと学びました。しかし出来上がった物にはかなり満足していますのでやって良かったと思っています!

衣装は「イキグサレ6」のジャケット衣装です。裏ジャケは色違いのサンタクロース衣装です。クリスマス繋がりでこの衣装に決めました。当時家族で近所のイトーヨーカドーに出かけたとき恐らく三姉妹だと思われる女の子を見ました。ダンスかバレエの発表会の後なのでしょう、白と紫を基調とした凄く可愛い服を着ていました。それがこの衣装の元ネタだったりします。