その名はNO.5

イキグサレファーストを公開してPerfume追いかけ始めた頃、まだ漫画の二次創作活動続けていましてバンドも継続中でした。どういう経緯かは忘れましたが新しいメンバーが加入する事に。このバンド、梅澤作品にちなんだバンドネームをつけるのが決まりで私は敵バンド「サイクロプス」のリーダー、JJ。架神くんは元々「無頼男」のスタンガンダンスで有名なキャラから取っていたのでそのまま。あとグリード様やバラキなんてのがいました。加入した彼は暴走族「ミリオン」の熊からとって「NO.5」と名付けられました。

NO.5、凄く若いです。どれくらい若いかと言うと深夜、私と二ケツでチャリンコ乗っていたら呼び止めた警察が「え、えーと・・・親子?」と言うぐらい若いです。しかし非常に映画、漫画、ゲームなどに造詣が深く特にホラー物に強い。私たちはすぐに意気投合して頻繁に飲むようになりました。いやあ「フランク・へネンロッターが」とか「ユング・ブットゲライトの」とか言っても普通に会話が通じる友人は初めてでしたw

彼にイキグサレの事を話してみると「凄く面白い。今やってる二次創作よりもこっちの方が面白いしやる価値がある」と言ってくれました。イラストなどのビジュアルで悩んでいるといったら「それじゃ俺描きますよ!」と言ってくれ、どうやってイラスト描けるようになるか聴いたら「マネすりゃいいんですよ!ボールペンとか鉛筆で線描けるんなら描けますよ!」と言います。なんてスゲエ奴だと思いました。

その後もネタに詰まったとき相談したら「クトゥルフ物なんでどうっすか?」と言われ「ステキな呪文」が出来、Jホラーや小中千昭さんの事を教えてもらってサードアルバムの構想の元になったりかなり助けられました。そしてセカンド完成、公開と共にHPもリニューアル。彼のイラストをドーンとのせアイドル色を打ち出します。イキグサレではNO.5はイキグサレ専属カメラマン「一ノ瀬屠殺彦」となりました。

とにかくイキグサレ初期の頃には色々助けられました。しかし、それよりなによりイキグサレがニコニコでプチブレイクするまでイキグサレの理解者は彼しかいませんでした。いや本当に一ノ瀬屠殺彦がいなかっらたイキグサレ、ファーストだけで終わっていたと思います。

テクノポップ地獄

今日は相続の手続きのため税理士事務所へ。父が亡くなってから各種手続きずっとやっているんですがまだ終わりません。人一人死ぬって事はなかなか大変な事だなと思います。

イキグサレ、アイドル路線で行くと決めたものの良く考えたら私アイドルのこと全然知らないんですよね。私の世代、アイドル黄金期と重なっているんですが素直にアイドル見てたのは小学校低学年まで。ピンクレディーの頃です。それからはアイドルにキャーキャーいっている同級生を冷ややかな目で見ていました。そんなアイドル文化に触れてこなかった私がアイドルに抱いているイメージは、そこそこ可愛い女の子があまり上手くない歌とダンスを披露しててピンクのハッピ着た男共がペンライト振って群がっている。その程度の認識でした。

ある時、彼女(現妻、いちいち表記するのめんどくさいから妻と表記しちゃいます)が「日曜日行きたい所あるから付き合って」と言ってきました。どうも見てみたいアイドルイベントがあるようです。妻と出会ったのは漫画のオフ会。私も妻も漫画オタクなんですが他の趣味はかなり違っていまして。私は怪獣映画やホラー映画、怖い話が大好きで妻はホラー系大嫌い。妻も色々多趣味な人でアイドルオタクという側面もありました。妻が言うには「上京してきたばかりの中学生でまだメジャーデビューもしていない。もしかしたらお遊戯みたいなレベルかもしれない。でも凄く評判良いし亀戸のショッピングモールの催し物ステージだからタダで見れる」という事でした。亀戸なら電車で数駅だし行ってみる事に。

ステージ見た結果、度肝を抜かれました。キレッキレのダンス。曲もテクノ風でカッコイイ。とにかくショーとしての完成度が凄く高い。「えー!今のアイドルってこんなんなってんの!?」とビックリ。これをタダで見せてもらって良いのかと思いました。完全にアイドルの認識が変わりました。イキグサレもアイドル路線でやるならビジュアル、ダンス共に一切の妥協は許されないと思いました。完全にスイッチ入りました。この時見たアイドルはデビュー前のPerfumeです。

それからというもの毎週日曜日は亀戸いってPerfume見るのが定番になりました。亀戸に出演しなくなってもイベントやライブにいきました。それで気付いたんですが別に今のアイドルのレベルが上がっている訳ではなくPerfumeのレベルが高いだけだったようです。しかし「せめてPerfumeレベルまでイキグサレ高めないと!」と勘違いしてしまいました。もう後へは引けませんw

まったくの余談なんですが、それから数年後Perfumeは「ポリリズム」でブレイク。全国的にメジャーになりました。それは応援してきたファンとしては嬉しい事でしたがマイナー時代同じような位置にいた他のグループ。二匹目のドジョウを狙ってみんなテクノポップグループになってしまいました。独自性は消えPerfumeの劣化版になり消えていきました。アイドルの世界恐ろしいです。そして軸がぶれるとどうなるか、まざまざと見せられました。イキグサレも迂闊に流行り物に乗っからないように気をつけますw 

イキグサレ誕生

今日は妻が仕事で遅く私が夕飯の用意。子供に食べさせ風呂に入れて寝かしつけて「さあブログ書くぞ!」と思ったら長男が軽い喘息の発作。まいるぜ!

女声を自分で作れるという事は私にとって大発見でした。わざわざ女性を呼んで録音しなくてもいいし、どんなエゲツない歌詞でも嫌がらないし。時間的制限や気を使って作品のレベルを下げるなんて事が全部解決です。とりあえずバンドの時やり残したシーケンサーで作った曲を生楽器で復活。いままで一曲ずつ公開していたけど、このプロジェクトはアルバム単位での公開。公開先はネット。ここまではすんなり決まったんですが、まだ問題はあります。

まず、このまま曲を公開したところで誰も聴いてくれないだろうと。二次創作とオリジナルではまったく勝手が違う事は容易に想像できます。いくら曲に自信があっても何か付加価値がないと誰も振り向いてくれないだろうと考えました。後、やっぱり歌声。「本当は男が歌っているんですよ」なんて事を売りにするつもりはないし、わざわざ言うつもりもありません。となると、ただの歌の下手な人になってしまいます。なにかこの歌声である事に説得力が欲しいと思いました。

「アイドルって事にしてみるか」ふと、そう考えた瞬間、過去デザインしたあの奇形のような妖怪のようなキャラが頭に出てきました。ピキーンと一気にひらめきます。見ようによっては可愛く見えるしインパクトも十分。下手でもあの歌声をこの子たちが歌っていると思えばなんだかよく似合っていると思えてきます。完璧じゃん!!と思ったんですが「いや、やっぱ無理だろう」と。

アイドルと言う事になればビジュアルは重要。しかし私は人様に見せられるようなイラストは描けません。またダンスやライブも必要。動画や振り付けなんて作り方全然わかりません。今から勉強するにしても労力が掛かりすぎます。もっと現実的に出来る事にしようと考えました。

代案として考えたのは「バンドやヴォーカルなんて言う言葉で何も知らない女の子を引っ掛けてエゲツない歌詞の歌を歌わせて喜んでいる変態オヤジ」というもの。これだったら出来そうです。しかしアルバムが完成に近づくにつれ「これじゃない」という思いが強くなります。やっぱりアイドル案。最初のアイデアの方が断然面白い。どうしようかかなり悩んでいました。

とりあえず、プロジェクトの名前をつけようと思いました。イメージは決まっていて日本語でカタカナで五文字。「ハナタラシ」とか「アブラダコ」とか「村八分」とかそんな感じ。昔私が作った曲で「発病」というのがありまして詩の一節に「生き腐れの病」と言う部分があってそこから「イキグサレ」に決定しました。名前が決まったら頭の中で「じゃあ、あいつらは一つ目、二つ目、三つ目だからイキグサレ一号、二号、三号だな」とか「イメージカラーは赤青黄かな」とか勝手にアイドル案前提に考えてしまっています。これはもう駄目だと腹を括りました。アイドル案で決定です!

アルバム完成したのでネットにアップしたんですが、イラストも何も用意できていないのでファーストは曲だけアップという寂しいデビューになってしまいました。

原型

妻が予約していたコンセレ「カイザドライバー」が先日届きました!今日、家族みんなで開けて大興奮です!草加登場シーン見ながらみんなで大笑いしています。

さて、昨日は一つ目でも少女マンガ風な目にすれば結構可愛くなるのを発見して同じように二次元にすればなんでも可愛くなるんじゃないかと思ったという所まで書きましたが、それから結構研究しまして。手足が多かったり足りなかったりするのは別に工夫しなくても可愛いんですが問題は顔です。顔のバランス崩れるとなかなか可愛くならないんです。で、どこまで崩してもOKなのか色々試したんですが最終的に衝撃度も高く見ようによっては可愛く見えるデザインは三つに絞られました。一つ目と半分顔が崩れているのと二つの顔が融合したもの。このデザインはかなり気に入って当時似たようなキャラクター見た事なかったし「もしかしてこれイケるんじゃないかな」なんて思っていましたw しかし表現する方法がなかったので公表する事も無く、ただのいたずら書きで終わってしまいました。

この表現する技術がないのに妄想を垂れ流していた時期は、私にとってそれはもう痛々しい黒歴史そのものなんですが、それでもこの時期がなかったらイキグサレは生まれなかったと思うと「まあ、これはこれでアリかな」と思えてきます。

デザイン

今日、公園に子供連れて行ったんですが改装終わったばかりなのに不法投棄のゴミがそこかしこの茂みにありました。壊れたノートパソコン、電子レンジ、扇風機・・・これ「鬼太郎」とか「妖怪ウォッチ」の世界だったら妖怪化しますよ。

子供の頃から空想癖、妄想癖がありそれをなんとか具現化しようと変な絵を描いていたんですが、お分かりだと思いますが今でもこんな事やっていると言う事は私、全然変わっていません。今はイキグサレという表現できる場を得られたのでウキウキ、ワクワクと妄想、空想をばら撒いているんですが作曲という表現方法に出会うまでは、そりゃもう酷いものでした。小学生の時はまだ無邪気な物だったと思うんですが、中高生になると妙な知恵がついてかなり痛い事になっていました。ソロモン72柱、暗記して下手な絵でデザインしてみたりクトゥルフはまって「僕の考えた邪神」考えたり。一生懸命、設定考えたり書けもしない小説書こうとしたり。そんな時、雑誌でなんだか見ようによっては可愛く見える一つ目のイラストがありまして。「あれ?」と思って試しに一つ目小僧書いてそれにまつげ描いて目をキラキラさせたらなんだか見ようによっては可愛く見えるようになる。そして、もしかしてなんでもこうやって描けば可愛くなるんじゃねえの?と思いました。酔っ払ったんで続きは明日!では!

私の得意な事

最近、娘が「ねるねるねるね」系のお菓子にはまっていて一緒に作らされるんですが今のって凄いんですねぇ。「楽しいお祭り」とか「お寿司屋さん」とか大人がやっても面白いです。

このブログはじめた理由の一つにレンタルサーバーを有効利用しようというのもありまして、イキグサレを始めた当初はホームページのみでアルバムも動画も公開しようと思っていて結構な容量になると想定して有料のサーバーを借りてホームページ立ち上げました。しかし、アルバムはCDとして発表するようになり動画もニコニコとyoutubeで事足りるようになってしまいました。せっかく年間一万円払っているんですからBBSと告知だけに使っているのももったいないなーと思ってたんです。

そもそも無料のMP3公開から同人音楽としてCD製作にシフトしたのは結婚がきっかけで、妻は別になにも言わないでいてくれるんですが、なんだかまったく得にならない趣味に没頭するのが後ろめたい気分になりましてw せめてサーバー代ぐらいはどうにかしようとCD製作、販売をしようと考えました。当時、全然同人音楽の事を知らなかったんですが勝手にイメージしていたのは、同人音楽ってその性質上みんな好き勝手、自由に活動していて聞き手に媚びない先鋭的な作品に溢れていると言うもの。「イキグサレ」程度の個性では埋没しちゃうんじゃないかなーと心配していました。ところがリサーチしてみると二次創作やボーカロイド作品が多いものの音楽性自体はメジャーシーンとあまり変わらないように感じました。こんどは逆にアングラ、サブカル風味の「イキグサレ」は場違いすぎるんじゃないかという心配が出てきてしまいましたw

そこでもっと世間ウケするような聞き手に歩み寄った物で同人デビューしようと考え何曲か作ったんですが作ってる最中も聞き返しても全然楽しくないんですね。  「こりゃいかん!」となってやっぱり「イキグサレ」で同人デビューする事を決めました。この時の決断は結構重要だったと思います。イキグサレ一本でやっていこうと腹が決まりました。思いついたアイデアは全部イキグサレに使い、私にとって音楽を考える事はイキグサレを考える事になりました。で肝心のCDの売り上げ惨敗でした。続く「イキグサレ4」はさらに売れなくてw「やっぱだめかぁ・・・」と思っていたらニコニコ動画でプチブレイク!作った本人が一番ビックリです!

いつも思うんですが私の得意な事って、作曲でも、作詞でも、楽器演奏でもなく 「イキグサレ」なんだなと。他の曲を作ろうとするときっと百凡な物になると思います。

ガラパゴス音楽

昨日は酒飲まないと言っていましたが記事に書いたブリジット・フォンテーヌとPhewを無性に聴きたくなって聴きながらビール飲んでしまいました。マジで休肝日作らないと。無職でアル中じゃ目も当てられません。

というわけで昨夜、久々に音楽鑑賞の時間を設けたのですがやっぱり音楽聴くのは楽しいですね!「なに言ってんだ」と思われるかもしれませんが実は私、本格的に曲作り始めてから音楽聴かなくなっちゃったんです。いままで音楽聴くのに使っていた時間は自作品を聴いて足りないところをチェックしたり次回作の構想を練ったりする時間になりました。それだけ曲作りが楽しいと言う事なんですが、私の場合、全部自分一人でやっている物ですから全部自分好みになっているというw 勿論、完璧だなんて思っていません。色々つたない部分や手抜きの部分もあります。でもそういう部分って自分では「そこは別にどうでもいいや」と思っている所なんですよね。もし気になっていたらどうにかするし、そのまま人前に出すなんて出来ません。そんな訳で自作品聴くのが大好きになっちゃったんです。世の中聴き切れないぐらい沢山曲がありますし新しい曲もどんどん作られています。ですから絶対自分の感性に合う曲はまだまだあると思いますし経験したこと無い感動をくれる曲もあるはずです。でもアンテナを張って大量の音楽からそれを探す労力より、自分で作った方が早いと考えちゃったんですねぇ。インプットをまったくしないでアウトプットばっかしてたんでイキグサレの音楽、ガラパゴスみたいになっていやしないかと心配です。

好きな歌手の事

いつもは子供寝かしつけてからブログ書いているんですが、そうするとどうしても酒の力を借りたくなって飲んじゃいます。さすがに毎日飲んでるのは健康にも金銭的にも良くないので昼間に書いてみる事にしました。今度はコーヒーとタバコの力を借ります!

私「イキグサレ」なんてやっていますが実は「アイドルソング」ってほとんど自分から聞いた事がなくてテレビや街中で流れているのを耳にするぐらいです。と言うか女性ボーカルの曲、全般そうかもしれません。別に嫌いって訳じゃないんですよ。アイドルやバンド、アニソンなんかではキャラクター性や作品の方向性で「おもしろいな」とか「かっこいい!」とか「いい曲だなぁ」と思う事もあります。ただどうしても苦手というか興味を持てないタイプの曲もありまして。それは歌唱力を前面に押し出すタイプの歌手の方。スローな曲調で愛を高らかに歌われても、なんだか全然ぴんとこないんです。「うん、歌うまいね」としか感想出てこないんですよねw

しかしそんな私でも大好きな女性シンガーはいます。

一人はフランスのシャンソン歌手、ブリジット・フォンテーヌ。代表作「ラジオのように」を始めて聞いたとき「なんだこりゃ!」となりました。とにかく気分が沈む沈むw 心地いいぐらいに気分がドロドロしてきます。試しに当時流行っていた「完全自殺マニュアル」読みながら聞いていたら本当に追い詰まった気分になって「うおおおお」と叫びましたw まあそんなのはどうでもいいんですがフランス語なので歌詞は全然分からないのに関わらずこの方の歌声にはなにか真に迫るものがあります。これが名盤とされているのもうなずけます。

あと、アーントサリーというパンクバンドのボーカルとしてデビューしたPhew(ヒュー)さんという方です。この方の歌声もちょっと恐怖を覚えるような感じなのですがどのアルバムも歌とか音楽とか超えたなにかが表現されているというか録音されていまったというか。とにかく物凄い雰囲気があります。坂本龍一、コニー・プランク、山本精一といった曲者と組んでもその個性が潰されないのは凄いです。

両者とも今の世間で言われている歌唱力とはベクトルが違いすぎるので始めて聞く方は拒否反応が出るかもしれませんが私は大好きです。イキグサレもこのベクトルを目指している所があるんですがどうすればこの域に達せるのか全然分かりません!

検索してはいけない言葉

今日は妻が出かけていて子守大変だなぁと思っていたら丁度シンちゃんの映画やっていて助かりました。

数年前、ホームページの掲示板でイキグサレの魅力について語ってくださる書き込みがありまして、その方がおっしゃるには「奇形を面白がる後ろめたさ」も魅力の一つという事でいた。どのようなご感想を抱かれようがその方の自由なのですが、私が思っていたイキグサレと随分違う気がしたので「イキグサレは可愛そうな奇形ではなく明るい異形ですよ。検索してはいけない言葉じゃないですよ~」というような事を返事させていただきました。このコメントがニコニコ大百科に拾われてどうも私が「検索してはいけない言葉」に不快感を持っているような感じになってしまいまいた。

実は私「検索いてはいけない言葉」好きです。有名どころは大体見ていると思います。でも私が「検索してはいけない言葉」見るときはエグい物、出来れば一日後を引きずるぐらいの物を求めていてそういう時、コラ画像や創作物が出てくるとガッカリするんですよね。ですからイキグサレが登録された時は「そんなにエグくないだろ。たいした事ねえなぁってスルーされちゃうよ」と思って不満でした。しかしその後、「ゆめにっき」や「タオルケットをもう一度」や内田温さんやぴろぴとさんなどの良質な創作物も登録されているのを知って「あーこういうのもありなのかぁ」と考えを改めました。今はこれらの作品と肩を並べて紹介してもらえる事に感謝しています。「検索してはいけない」からイキグサレを知ってくださった方も沢山いらっしゃるようですし宣伝効果もバッチリですw

ありがとう「検索してはいけない言葉」! 

はじめまして!

はじめまして! 御存知の方はどうもです!

私は山本 生一郎という者です。 架空のアイドル(?)グループ「イキグサレ」の楽曲や動画を創作しています。

今回、ちょっと思うところがあってブログを始めました。 これからこのブログではイキグサレの情報や裏話なんかを発信していこうと思っています!

というのは建前でして。ブログ始めたのには明確な意図があります。それは

「いかにしてイキグサレ(自分の創作物)で稼ぐか」

という事です。去年の年末、ちょっとした、しかし私の生活が一変するような出来事がありまして、現在私はほぼ無職状態になりました。幸い急に逼迫するという事は無いのですが、このまま何もせず生活する訳にもいかず、なにかやらなきゃなと考えた結果、「とにかく好きな事、やりたい事をやろう!」と結論が出ました。

私の好きな事、やりたい事は「イキグサレ」しかありません。「イキグサレ」を職業にします! 各種書類の職業欄に「イキグサレ」と書き警察に職務質問されたら「イキグサレ」と答えられるようになりたいのです!

しかしこれは簡単で書けばいいし答えればいいだけです。 問題は一つクリアされました。でも、もし私が犯罪を犯して捕まった時まったく稼ぎがなければ「自称イキグサレ」と報道されてしまいます。これは避けたいので「イキグサレ」で稼ぎたいと思います。

今現在、具体的なことは何も思いついていません。「情報発信する場所を増やした方がいいかな?」と思いツイッターとこのブログ始めたぐらいです。プロフィールを見て頂ければ分かると思いますが私今年で47才です。そして中卒です。そんなのが、いきなり「自作品で稼ぐ」とか言い出しているんですから無謀もいい所で、もし同じような境遇の知人がいてそんな事言い出したら「お前、やめとけよ」と私は言うでしょう。

しかし、この普通の人間だったら「もう詰んだ・・・タヒのう・・・」という状況、私非常にワクワクしています。だってイキグサレを思いっきり出来る状況になりつつあるからです!アラフィフ、中卒だって私がイキグサレの影のメンバーと考えれば キャラ立ちの武器です。だってあの連中と渡り合うんだから普通じゃダメでしょ?

そんな訳で今後ともこのブログをよろしく願いします。まったく進展が無く、ただの日記や自分語りになってしまう可能性もありますがそれはそれで面白くしていこうと思います。